salesforce」の検索結果

Salesforce アクセス専用プロセス

Salesforce に格納されている様々なオブジェクトにアクセスします。アクセス方式の指定で、設定クエリーで検索・データ取得 / 設定データレコードの挿入 / 設定データレコードの更新のいずれかを行います。 取引先登録/取得、商談登録/更新等のワークフローから利用することができます。アクセス方式を「データ取得」指定をすることで取得したデータを起動元のワークフローに戻すこともできます。

Salesforce 取引先オブジェクト追加・更新

Salesforce の取引先レコードを追加・更新するワークフローです。新規登録の場合、 取引先レコードが取引先オブジェクトに追加されます。登録情報変更の場合、取引先レコードが更新されます。試用版の申し込み、新規受注時のワークフローから自動で開始されることを想定しています。

取引先選択肢マスタ自動更新,Salesforce取引先オブジェクト取込

Salesforce 取引先オブジェクトが取引先選択肢マスタに自動で取り込まれるワークフローです。毎日 AM 7:00 に自動で開始されます。Salesforce 取引先オブジェクトは、様々なワークフローや Salesforce 直接入力から追加・変更・削除されます。毎日 AM 7:00 時点、最新の取引先情報が様々なワークフローで選択肢データとして利用されます。

SAML 2.0 で Salesforce とシングルサインオン

Questetra BPM Suite では、SAML 2.0 を用いたシングルサインオンを構成することができます。Salesforce は SAML の ID Provider / Service Provider のいずれにもなることができるのですが、Salesforce を ID Provider、Questetra BPM Suite を Service Provider として構成します。

選択肢マスタ更新

選択型データ項目で定義されている選択肢一覧を、アプリ共有/アプリ固有の選択肢マスタ(アドオン)として登録・更新します。アプリ管理権限をもったユーザが設定する必要があります。

上司評価の投票

上司に対する評価を無記名投票で行います。自動起動後、〔1.上司評価を記入する〕の工程がチームメンバに割り当てられます。評価を記入すると、集計用の外部ファイルに評価結果が自動的に追記されます。ワークフロー内の入力データは自動消去されるので、評価者の記入内容は秘匿されます。

選択型

処理担当者が選択できる選択肢を列記し、選択結果を格納します。