解決バージョン

  • Ver. 13.3(予定)

対象バージョンと操作

  • Ver. 13.2.0
  • 分岐設定の遷移条件で、選択型データ項目を指定する

不具合の詳細

  • 次の操作を行ったときに発生
    • 選択型データ項目にて、選択肢種別が「固定の選択肢」以外である
    • 分岐がある工程 (ヒューマンタスクか XOR / OR ゲートウェイ) の分岐設定で「条件に合致すれば遷移」が指定されている
    • 条件にて、上記の選択型データ項目を指定し、「右の値に等しい / 等しくない」を選択する
  • 不具合が発生したときの事象
    • アプリ編集画面が真っ白な状態となり、画面操作ができなくなる

回避・復帰方法

  • 次のいずれかの方法にて、回避してください。
    1. 選択型データ項目の設定にて、選択肢定義を「固定の選択肢」で行う
    2. 選択肢の値を文字型データ項目に代入し、文字型データ項目を対象に遷移条件を指定する
      • 「データ更新」工程を利用して、選択型データ項目で選択された選択肢の値(選択肢ID、または表示ラベル)を文字型データ項目にセット
      • 遷移条件は、文字型データ項目にて、「と等しい」「を含む」などを利用して行う
    3. 条件の設定を「条件式が true と評価されれば遷移」で行う
      • SpEL 式を利用して、条件式を定義
      • 例:選択型データ項目(ラジオ/セレクト/検索セレクト) で「右の値と等しい」に相当する式
        • q_select?.get(0)?.display == ‘表示ラベルA’
      • EL式での条件式については、次のドキュメントを参照ください
  • 本不具合は、次のリリースバージョン(Ver. 13.3 / 2022年1月予定)にて修正予定です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。