「遷移条件が不正です」などアプリ設定エラーが表示された場合の対処について

対象バージョンと事象

  • 2月4日の新バージョン 11.9 のバージョンアップ後、アプリ設定エラーが表示される
    • 例えば、「ゲートウェイ/ヒューマンタスク」の分岐設定において、「遷移条件が不正です」と表示される

エラー表示の原因

  • Ver. 11.9 にて、「アプリ保存時の設定内容チェックを強化」した
  • バージョンアップ時に、全アプリにて強化された内容にて設定のチェックが行われた

対処方法

「ゲートウェイ/ヒューマンタスク」の分岐設定において、「遷移条件が不正です」と表示される場合

  1. エラー表示されている分岐条件式の設定画面を開き、設定内容を確認してください
  2. 必要に応じて、設定内容を修正してください(修正が不要の場合はそのまま)
  3. 設定画面を閉じてください
  4. エラー表示がなくなったどうかを確認してください
  5. 他にもエラーが残っている場合は、1. – 4. を繰り返し行ってください

「メッセージ送信中間イベント (HTTP)」において、「送信パラメータが不正です」と表示される場合

  1. エラー表示されているパラメータの設定内容を確認してください
  2. パラメータの値の設定が意図と異なる場合は、変更してください
  3. 意図通りである場合は、パラメータの値で参照しているデータ項目を、一旦、他のデータ項目に変更した後、再度、元のデータ項目を設定してください (Undo は利用しない)
  4. エラー表示がなくなったどうかを確認してください
  5. 他にもエラーが残っている場合は、1. – 4. を繰り返し行ってください

上記操作を行っても、エラーが解消されない場合は、サポートまでお問い合わせください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。