クエステトラユーザのみなさん、こんにちは。開発責任者の畠中です。

今回は、学生アルバイト君が作成してくれたアドオンを1つ紹介したいと思います。

ワークフローの途中で、LINE にメッセージを送信する

LINE Notify を活用して、Line にメッセージを送信するアドオンです。LINE Notify は、Web サービスからの通知を、LINE が提供する公式アカウント “LINE Notify” からのメッセージとして伝えるものです。


LINE メッセージの送信のためには、LINE Notify にて、事前にパーソナルアクセストークンを取得する必要があります。メッセージの送信先は、パーソナルアクセストークン取得時に、LINE ユーザー本人、または LINE ユーザが参加しているグループの中から選択します。つまりトークンの中に、メッセージの送信先の情報も含まれている形です。なおトークンは、OAuth2 トークンです。

さて、パーソナルアクセストークンの取得方法です。Line Notify に LINE アカウントでログイン後、「マイページ」の下の方にある「アクセストークンの発行 (開発者向け)」で、トークンを取得します。

「開発者向けのトークン」であることは許してください。クエステトラ側の事情です。これでも動きます。あとはクエステトラでワークフローアプリを作成し、プロセスを動かすだけです。

簡単なワークフローアプリを作成しました。流れは下図の通りです。
「本文入力」でメッセージ本文を入力し、「Line 通知」で Line にメッセージを送ります。
「Line 通知」が、今回紹介しているアドオンです。

「Line 通知」を配置するには、アドオン自体をインポートする必要があります。
アドオンのインポートは、以下を参照してください。

M415: 業務プロセス定義で利用可能な自動工程を追加する

データ項目と工程ごとの編集許可の設定は以下の通りです。
工程が1つしかないので、単純です。

データ項目名 データタイプ 必須 本文入力
件名 文字型単一行 編集可
本文 文字型複数行 編集可

最後に「Line 通知」の設定、つまりアドオンの設定は以下の通りです。

設定項目 設定内容
C1. アクセストークン Line Notify で取得したアクセストークンを設定
C2. テキスト
#{processInstanceTitle}

#{data['0']}

#{data['0']} は、「本文」データ項目を指しています。メッセージには、「件名」も「本文」も両方とも入れるようにしています。(注意:以下の画面ダンプは、上記の設定を反映したものではありません)

このワークフローアプリでプロセスを動かすと、「本文」に入力した通りのメッセージが、LINE から届けられます。この画面ダンプは、送信先が LINE ユーザー本人だった場合のものです。

Line の性質として、トークンを取得したユーザと繋がっている人にしか、メッセージを送ることはできません。ですので、あくまで「組織内の通知手段」という位置づけにはなります。何らかのイベントが発生した時に、社内メンバに一斉連絡するといったことに使えるでしょうか。

今回は、以上で終わりにします。では、またの機会に。