見積書作成プロセス, 依頼受付公開フォーム 20211017
公開フォームで見積依頼を受け付けるワークフローです。顧客は、”商品・個数・提出先” 等の見積依頼を入力します。入力時、顧客は、自動計算された見積額を確認できます。見積依頼後、見積書PDFが自動生成されます。見積書は、顧客に自動でメール送信されます。
作業担当者 (スイムレーンの数:4)
  • 見積依頼
    • 見積依頼を希望されている顧客。
  • 営業担当者
    • 見積依頼メッセージに対応・手動で見積作成を開始する営業担当者。
  • 営業部長
    • 営業担当者の上司(想定)。
  • CMO
    • 見積最終決裁者(想定)。
仕事の流れ (ワークフロー図の複雑度:16)
  • 0 1.作成(値引き等適用)
    • 営業担当者が、見積内容(値引き情報含む)を入力します。
  • 2 2.承認/決裁
    • 営業部長が、見積を承認・決裁(値引率が50%以内)します。
  • 17 3.決裁
    • CMOが、見積を決裁します。
  • 23 4.顧客とのコミュニケーション
    • 営業担当者が、見積提出顧客とのコミュニケーションを記録します。
  • 20 件名セット
    • ワークフロー基盤が、件名・見積種別・営業担当者をセットします。
  • 21 件名セット
    • ワークフロー基盤が、件名・見積種別・(デフォルト)営業担当者をセットします。
  • 3 見積書 PDF 生成
    • ワークフロー基盤が、見積内容を元に見積書 PDF を生成します。
受け渡しされるビジネスプロセス変数 (データ項目の数:48)
  • ◆依頼フォームガイダンス 16
  • ★見積書番号 q_string13 13 *
    • 見積番号(年月 YYYYMM と自動採番の組み合わせ)が格納されます。
    • #{#format(processInstanceStartDatetime, ‘yyyyMM’)}#{#sformat(‘%03d’, processInstanceSequenceNumber)}
  • ★発行日 q_date26 26 *
    • 見積依頼日が格納されます。
    • processInstanceStartDatetime
  • ★有効期限 q_date27 27 *
    • 見積依頼日 14日後の日付が格納されます。
    • processInstanceStartDatetime.addDays(14)
  • 企業名 q_corp_name 17 *
    • 見積依頼者の企業名が格納されます。
  • 部署・お名前 q_dev_name 18 *
    • 見積依頼者の部署名・お名前が格納されます。
  • メールアドレス q_mailAddress 54 *
    • 見積依頼者のメールアドレスが格納されます。
  • 【見積内容】 40
  • (1)品目 q_purchase_name1 19 *
    • 見積品目が格納されます。(見積書に反映されます)
  • (1)単価 jpy q_purchase_unit_price1 6 *
    • 指定された(1)品目の単価が格納されます。(見積書に反映されます)
  • (1)個数 q_purchase_count1 20 *
    • 見積依頼者が入力した個数が格納されます。(見積書に反映されます)
  • (1)金額 jpy q_purchase_sub_price1 22 *
    • 見積依頼者の入力 品目・個数 から計算された金額が格納されます。(見積書に反映されます)
  • (1)備考 q_purchase_detail1 29
  • ◆スペーサー1/2 28
  • (2)品目 q_purchase_name2 31
  • (2)単価 jpy q_purchase_unit_price2 7
  • (2)個数 q_purchase_count2 32
  • (2)金額 jpy q_purchase_sub_price2 41
  • (2)備考 q_purchase_detail2 15
  • ◆スペーサー1/2 34
  • (3)品目 q_purchase_name3 1
  • (3)単価 jpy q_purchase_unit_price3 8
  • (3)個数 q_purchase_count3 2
  • (3)金額 jpy q_purchase_sub_price3 4
  • (3)備考 q_purchase_detail3 21
  • ◆スペーサー1/2 35
  • (特)品目 q_purchase_name4 12
    • 営業担当者が入力した、見積品目が格納されます。(見積書に反映されます)
  • (特)単価 jpy q_purchase_unit_price4 9
  • (特)個数 q_purchase_count4 10
    • 営業担当者が入力した、個数が格納されます。(見積書に反映されます)
  • (特)金額 jpy q_purchase_sub_price4 11
    • 営業担当者が入力した、見積単価・個数から計算された金額が格納されます。(見積書に反映されます)
  • (特)備考 q_purchase_detail4 23
  • ◆スペーサー1/2 38
  • 小計 q_purchase_subtotal 42
    • 見積明細の金額を合計した金額が格納されます。
  • 消費税(10.00%) q_purchase_tax 49
    • 小計に消費税率(0.1)を乗じた消費税額が格納されます。
  • お支払金額(税込) q_purchase_total 50
    • 小計から消費税額を加えた金額が格納されます。
  • ◆スペーサー 53
  • お問い合わせ・補足・ご相談・ご質問 等 q_message_form_customer 3
    • 見積依頼者が入力した、依頼補足メッセージが格納されます。
  • ★特記事項 q_string30 30
    • 見積書 特記事項欄に記載される文章を格納します。
  • 値引率 q_discount_rate 51
    • 値引率が格納されます。
  • 値引理由 q_discount_reason 52
  • 営業担当者 q_user25 25
    • 営業担当者アカウント情報が格納されます。(自動セット)
    • ${processInstance.initQuserId}
  • 営業担当者名 q_sales_person_name 0
    • 営業担当者名・メールアドレスが格納されます。(見積書に記載されます)
  • 【正式見積書】 43
  • 正式見積書PDF q_file14 14
    • 見積書 PDF が格納されます。
  • 見積書PDFファイル名 q_string36 36
    • 見積書 PDF のファイル名が格納されます。(自動セット)
    • 正式見積書-#{#format(processInstanceStartDatetime, ‘yyyyMM’)}#{#sformat(‘%03d’, processInstanceSequenceNumber)}.pdf
  • 見積種別 q_order_kind 24
  • ◆Script:見積金額自動計算 5
  • 通信欄 q_communication 37
    • 社内コミュニケーション記録が格納されます。

フィールド名, Num, 初期値

Download

This archive contains the BPMN icon, which is only available in the Professional edition.

Notes

  • インポート時に組織構造に合わせて、処理担当者設定の関連付けを行います

Arrangement Tips

見積りシミュレーション画面デコレーション Script (click to open)
<script>
qbpms.form.on('ready', function(){
jQuery('input[name="data[6].input"]').addClass("autocalc");
jQuery('input[name="data[7].input"]').addClass("autocalc");
jQuery('input[name="data[8].input"]').addClass("autocalc");
    document.getElementsByName("data[6].input")[0].disabled = true;
    document.getElementsByName("data[7].input")[0].disabled = true;
    document.getElementsByName("data[8].input")[0].disabled = true;
    let id;
    let unitPrice;
    let count;
    let subTotal;
    qbpms.form.on('change','q_purchase_name1',function(){
        calcSubTotal('1','6');
    });
    qbpms.form.on('change','q_purchase_name2',function(){
        calcSubTotal('2','7');
    });
    qbpms.form.on('change','q_purchase_name3',function(){
        calcSubTotal('3','8');
    });
    jQuery('form[name^="workitemForm"]').bind('submit', function () {
        jQuery(this).find('input[name="data[6].input"]').prop('disabled', false);
        jQuery(this).find('input[name="data[7].input"]').prop('disabled', false);
        jQuery(this).find('input[name="data[8].input"]').prop('disabled', false);
    });
    jQuery('input[id="submitButton"]').val("見積書をメールで受け取る");

function calcSubTotal(num,dnum){
    document.getElementsByName("data["+dnum+"].input")[0].disabled = false;
    var obj = qbpms.form.get('q_purchase_name'+num) + "";
    if (!obj){
        qbpms.form.set('q_purchase_unit_price'+num,null);
    }else{
        id = qbpms.form.get('q_purchase_name'+num)[0].value;
        unitPrice = id.split('_')[1];
        qbpms.form.set('q_purchase_unit_price'+num,new Number(unitPrice));
    }
    document.getElementsByName("data["+dnum+"].input")[0].disabled = true;
}
});
</script>

デコレーションコードは、 (ガイドパネル型) データ項目「◆Script:見積金額自動計算」に記載されています。

Capture

見積りシミュレーション画面
見積書発行例

Appendix

See also

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。