マスターテーブル, 選択肢を削除して更新

ワークフロー基盤のマスターテーブル(OptionsXML)を参照し、不要な行を削除したうえで新しいマスターファイルを生成します。削除IDが選択肢に存在しない場合も、エラーになりません。下流工程に[サービスタスク(選択肢マスタ更新)] を配置すれば、選択肢削除の更新業務を自動化できます。