文字列, マスターテーブル活用によるデコード変換

ワークフロー基盤内で共有されている “選択肢マスター” を参照し、ID情報をLabel情報に変換します。マッチするIDが存在しない場合、空文字列に変換します。