itemDao

マスターテーブル, 選択肢を削除して更新

マスターテーブル, 選択肢を削除して更新

ワークフロー基盤のマスターテーブル(OptionsXML)を参照し、不要な行を削除したうえで新しいマスターファイルを生成します。削除IDが選択肢に存在しない場合も、エラーになりません。下流工程に[サービスタスク(選択肢マスタ更新)] を配置すれば、選択肢削除の更新業務を自動化できます。

マスターテーブル, 更新

マスターテーブル, 更新

ワークフロー基盤のマスターテーブル(OptionsXML)を参照し、新しいマスターファイルを生成します。新しいID-Labelは先頭行に追加されます。IDが重複する場合、当該行は削除されます。もし指定のマスターファイル名が存在しない場合、新規に生成されます。下流工程に[サービスタスク(選択肢マスタ更新)] を配置すれば、更新業務を自動化できます。

マスターテーブル, バックアップ

マスターテーブル, バックアップ

登録されているマスター情報をバックアップします。ワークフロー基盤内で共有されているマスターテーブルがXMLファイル(選択肢XML)として保存されます。なお、指定したマスター名が存在しない場合はエラー終了します。また、別名で保存したい場合はバックアップファイル名を設定します。