Google アナリティクス: GA4 Realtime レポート, カスタム作成

Google アナリティクス: GA4 Realtime レポート, カスタム作成

直近30分の発生イベントについて任意指標(メトリック)でTSVレポートを作成します(Googleアナリティクス4プロパティ専用)。1つの Realtime ディメンションと1つの Realtime 指標を任意に指定できます。抽出フィルターも設定可能です(Realtime ディメンション値の完全一致)。

Google スプレッドシート: 行範囲, 削除

Google スプレッドシート: 行範囲, 削除

指定範囲の行を全て削除します。存続行は全て上方向にシフトされます。開始行と終了行はゼロ始まりのインデックス値で指定します。なお「開始インデックス:0、終了インデックス:1」と指定した場合、先頭の1行だけが削除されます。(終了インデックスは排他的)

Stripe: 入金, TSV 抽出

決済プラットフォームStripe上の入金データを複数行のTSV文字列として抽出します。ステータスと入金(予定)日で絞り込めます。

Google Chat: スペース, メッセージ生成

Google Chat: スペース, メッセージ生成

Googleチャットの「スペース」にメッセージを投稿します。太字装飾(アスタリスク囲み)やインラインコード装飾(バッククオート囲みによる等幅フォント化)も、そのまま適用されます。なお、一部の案件データを「カード形式」にて添付することも可能です。

Questetra BPMS: 案件, TSV一括抽出

Questetra BPMS: 案件, TSV一括抽出

案件データを複数行のTSV文字列として抽出します。任意のワークフロー基盤(ローカル/リモート)からAPI経由で抽出します。抽出項目は “string:0,date:2,select:3” のようなCSV書式で指定します。抽出範囲は日付で指定します。日付範囲は、プロセス開始日時・プロセス終了日時・任意の日付型データのいずれかを指定します。

文字列, 数値に桁区切り記号を一括付与

テキスト中の4桁以上数値(数字4連続以上)を検出し、各数値に対してケタ区切記号を付与します。桁区切り記号には、カンマ、ドットもしくはスペースが指定可能です。この自動変換は、小数部や郵便番号や年号にも適用されてしまう点に注意が必要です。

単一行文字列, 複数行文字列からランダムに抽出した1行をセット

単一行文字列, 複数行文字列からランダムに抽出した1行をセット

複数行文字列の中から1行をランダムに抽出して、単一行文字列データにセットします。たとえば、「宣伝用キャッチコピー」をローテーションでセットする、「抽選結果の返答文」をローテーションでセットする、といったケースで利用されます。特定行を選択候補から除外する設定も可能です。