アドオン

Home » アドオン
TSV文字列, 除外テキストフィルタ

TSV文字列, 除外テキストフィルタ

任意の検索テキストでTSV文字列の行除去を行います(除外フィルタ)。すなわち指定カラムに検索テキストが含まれない行のみが出力されます。複数テキストによる OR 検索をしたい場合は “USA,U.S.,United States” のようにカンマ区切りで指定します。

Google ドライブ: ファイル, コンバート

Google ドライブ: ファイル, コンバート

Googleドライブ内ファイルを変換し、別の MimeType ファイルとして新規保存します。Googleファイルと一般ファイルの両方をサポートします。なお、File ID は URI 等から取得できます。(保存フォルダが無指定の場合、元ファイルの所属フォルダ情報を継承します)

オープンチャット, 投稿

オープンチャット, 投稿

オープンチャット(Questetraワークフロー基盤の社内ソーシャル)に投稿します。案件ID “#p123” のトピック付で自動投稿されるため、案件関与者のタイムラインにのみ表示されます(ワークフローエンジンの立場で投稿されるためフォロワーの概念はありません)。なお投稿された内容は、BPMSユーザであれば誰でも、(案件データの閲覧権限がないユーザでも)、検索閲覧できるようになります。

TSV文字列, 数値フィルタ

TSV文字列, 数値フィルタ

数値範囲を使ってTSV文字列をフィルタリングします。指定の数値カラムが数値範囲に含まれる行のみ出力されます。複数の範囲を OR 指定したい場合は “-100<36.4,37.5<100" のようにカンマ区切りで指定します。

TSV文字列, 日付フィルタ

TSV文字列, 日付フィルタ

日付範囲を使ってTSV文字列をフィルタリングします。指定の日付カラムが日付範囲に含まれる行のみ出力されます。複数の範囲を OR 指定したい場合は “2020-01-01<2020-01-07,2020-01-21<2020-01-27" のようにカンマ区切りで指定します。

TSV文字列, 日時フィルタ

TSV文字列, 日時フィルタ

日時範囲を使ってTSV文字列をフィルタリングします。指定の日時カラムが日時範囲に含まれる行のみ出力されます。複数の範囲を OR 指定したい場合は “2020-01-01 00:00<2020-01-07 23:59,2020-01-21 00:00<2020-01-27 23:59" のようにカンマ区切りで指定します。

TSV文字列, 数値合計のクロス集計

TSV文字列, 数値合計のクロス集計

TSVデータの数値フィールドについて、クロス集計表(ピボットテーブル)を作成します。たとえば受注履歴(TSV)の “金額” について “担当者” と “製品” の2軸で集計します。なお、X軸集約およびY軸集約で使用されるフィールドの指定には、TSVフィールドIDで設定します。

TSV文字列, 数字ソート

TSV文字列, 数字ソート

指定カラムの数値順でTSVテキストを行ソートします。各カラム値が「123円」「1,234円」「12円」だった場合は、「12円を含む行」「123円を含む行」「1,234円を含む行」の順に並べ替えられます。

TSV文字列, テキストソート

TSV文字列, テキストソート

指定カラムの文字コード順でTSVテキストを行ソートします。各行のカラム値が「Jan」「Feb」「March」だった場合は、「Febを含む行」「Janを含む行」「Marchを含む行」の順に並べ替えられます。

TSV文字列, テキストフィルタ

TSV文字列, テキストフィルタ

任意の検索テキストでTSV文字列をフィルタリングします。指定カラムに検索テキストが含まれる行のみ出力されます。複数テキストによる OR 検索をしたい場合は “USA,U.S.,United States” のようにカンマ区切りで指定します。

複数行文字列, テキストフィルタ

複数行文字列, テキストフィルタ

任意の検索テキストで複数行の文字列をフィルタリングします。検索テキストが含まれる行のみ出力されます。複数テキストによる OR 検索をしたい場合は “USA,U.S.,United States” のようにカンマ区切りで指定します。

Box: フォルダ作成

Box の指定フォルダ内に新しいフォルダを作成し、フォルダ ID / URL を保存します。すでに同名のフォルダがある場合は、そのフォルダ ID / URL を保存します。

Questetra BPMS: 案件, 指定データTSV一括抽出

Questetra BPMS: 案件, 指定データTSV一括抽出

日付フィルタされた複数の案件データを複数行のTSV文字列として抽出します。抽出項目は “string:0,date:2,select:3″ のようなCSV書式で指定します。Tabコードと改行コードは、自動的に削除されます。”ファイル型” はファイル名が、”選択型” は選択された選択肢の表示テキストが抽出されます。掲示板型・テーブル型・ガイドパネル型は抽出できません(Warningがログ出力されます)

Questetra BPMS: 案件, 指定データTSV抽出

Questetra BPMS: 案件, 指定データTSV抽出

案件データを一行のTSV文字列として抽出します。抽出項目は “0,2,3” のようなCSV書式で指定します。Tabコードと改行コードは、自動的に削除されます。”ファイル型” はファイル名が、”選択型” は選択された選択肢の表示テキストが抽出されます。掲示板型・テーブル型・ガイドパネル型は抽出できません(Warningがログ出力されます)