ファイル, 複製

ファイル, 複製

ファイル型データを複製します。ファイル型データ項目A1に格納されているファイルデータ(Original Files)が全て、ファイル型データ項目B1にコピー(Clone Files)されます。ファイル名や Content-Type を変更することも可能です。A1とB1に同じデータ項目を指定すれば、上書き保存となります。

複数行文字列, Keywords フィルタ

複数行文字列, Keywords フィルタ

複数行テキストをマッチ行だけに絞り込みます。マッチ条件には「と等しい」「を含む」「で始まる」「で終わる」のいずれかが指定できます。大文字小文字を区別しないフィルタも指定可能です。別途、除外された行(フィルタ除去行)を格納することも可能です。

TSV 文字列, Keywords フィルタ

TSV 文字列, Keywords フィルタ

TSVテキストをカラムマッチ行だけに絞り込みます。マッチ条件には「と等しい」「を含む」「で始まる」「で終わる」のいずれかが指定できます。大文字小文字を区別しないフィルタも指定可能です。別途、除外された行(フィルタ除去行)を格納することも可能です。

2つの日付,営業日数の計算

日付Aから日付Bまでの営業日数を算出します。あらかじめ祝祭日の設定が必要です。会社オリジナルの休日を追加することも可能です。

TSV 文字列, カラム重複行の削除

TSV 文字列, カラム重複行の削除

カラム要素同士が重複している行を抽出し、削除します。正順モードでは最初の行が残り、逆順モードでは最後の行が残ります。なお “ABC” と “Abc” は、異なるカラム要素として認識されます。(ケースセンシティブ)

2つの日時, 経過時間の計算

2つの日時, 経過時間の計算

日時Aから日時Bまでの経過時間を算出します。経過日数(例 “1.38日”)、経過時間数(例 “33.33時間”)、経過分数(例 “2000.00分”)、経過時間(例 “33:20″)のいずれか、もしくは複数を出力することが可能です。BがAよりも過去時刻の場合はマイナス符号が付与されます。

コンバータ: 日付日時文字列 to ワークフロー日時

“2022-12-31” や “2022-12-31 00:00″ といった文字列から、日時型データ(もしくは日付型データ)に変換します。”2022年12月31日” や “19700101” といった文字列もサポートします。どのような文字列でもローカルタイムとして評価されます。なお、タイムスタンプ値(1970年1月1日からの秒数)も取得可能です。

Microsoft365: リスト取得(ページング時)

Microsoft365 で次ページのあるリストを取得します。取得データは文字型複数行のデータ項目に追記します。(リスト取得する場合、一度に取得できる件数に制限があり、複数ページに分けて取得しないといけない場合があります)