Box: フォルダ削除

Box 上のフォルダを削除します。一度に複数の削除が可能です。複数削除する場合、データ項目では1行につき1つずつIDを書くようにしてください。

Box: フォルダ作成

Box の指定フォルダ内に新しいフォルダを作成し、フォルダ ID / URL を保存します。すでに同名のフォルダがある場合は、そのフォルダ ID / URL を保存します。

マスターテーブル, 選択肢を削除して更新

マスターテーブル, 選択肢を削除して更新

ワークフロー基盤のマスターテーブル(OptionsXML)を参照し、不要な行を削除したうえで新しいマスターファイルを生成します。削除IDが選択肢に存在しない場合も、エラーになりません。下流工程に[サービスタスク(選択肢マスタ更新)] を配置すれば、選択肢削除の更新業務を自動化できます。

マスターテーブル, TSV文字列で生成

マスターテーブル, TSV文字列で生成

TSV文字列を参照して、マスターファイルを生成します。TSVデータ内の指定カラム列データが Master IDs として、それ以外が Master Labels として、セットされた選択肢マスタ(OptionsXML)が生成されます。下流工程に[サービスタスク(選択肢マスタ更新)] を配置すれば、更新業務を自動化できます。

マスターテーブル, 更新

マスターテーブル, 更新

ワークフロー基盤のマスターテーブル(OptionsXML)を参照し、新しいマスターファイルを生成します。新しいID-Labelは先頭行に追加されます。IDが重複する場合、当該行は削除されます。もし指定のマスターファイル名が存在しない場合、新規に生成されます。下流工程に[サービスタスク(選択肢マスタ更新)] を配置すれば、更新業務を自動化できます。

マスターテーブル, バックアップ

マスターテーブル, バックアップ

登録されているマスター情報をバックアップします。ワークフロー基盤内で共有されているマスターテーブルがXMLファイル(選択肢XML)として保存されます。なお、指定したマスター名が存在しない場合はエラー終了します。また、別名で保存したい場合はバックアップファイル名を設定します。

Stripe: 課金オブジェクト, 分配金を指定して生成

Stripe: 課金オブジェクト, 分配金を指定して生成

CONNECT分配金額を指定して “課金オブジェクト” を生成します。Stripe上のCustomerIDに、任意の課金額を任意の課金通貨コードで課金できます。分配金振込先には、任意の子アカウントを指定できます。CONNECT分配金は課金額を超えない範囲で任意に設定できます。課金処理が失敗した場合は、課金オブジェクトは生成されず、expired_card などのエラーログが出力されます。

Stripe: 課金オブジェクト, 生成

Stripe: 課金オブジェクト, 生成

決済プラットフォームStripe上に “課金オブジェクト” を生成します。Stripe上のCustomerID(cus_12345678901234)に対して、任意の課金額を任意の課金通貨コードで課金します。課金処理が失敗した場合は、課金オブジェクトは生成されず、expired_card などのエラーログ出力されます。

Stripe: 顧客オブジェクト, 生成

Stripe: 顧客オブジェクト, 生成

決済プラットフォームStripe上に “顧客オブジェクト” を生成します。オブジェクトの登録により、その後の継続的なカード課金が可能となります。契約の成立を示すトークンID(tok_123456789012345678901234)とメールアドレス等の顧客情報が必要です。通常トークンIDはブラウザ側で生成されるため、センシティブ情報の非保持非通過を実現できます。

文字列, MD5ハッシュ値の取得

文字列, MD5ハッシュ値の取得

MD5ダイジェスト(要約値)を算出します。MD5ハッシュアルゴリズムがソースデータに対して適用され、一意の128ビットハッシュ値(16進表記x32文字)が生成されます。このチェックサムアルゴリズムは、データの整合性を検証するために一般的に使用される関数です。