コンバータ: 異なるタイムゾーン日時

コンバータ: 異なるタイムゾーン日時

タイムゾーンAの日時をタイムゾーンBの日時に変換します。いずれの日時にも、任意のタイムゾーンを設定できます。未設定の場合、ワークフロー基盤のタイムゾーンが適用されます。

コンバータ: タイムスタンプ to 日時

コンバータ: タイムスタンプ to 日時

タイムスタンプ値(UNIXタイム)を日時型データに変換します。すなわち、協定世界時 1970-01-01 00:00:00 からの経過秒数(2002年以降は10桁整数)から、時刻型データを算出します。ワークフロー基盤のタイムゾーンに従います。

NHK番組表: 番組リスト, 検索

NHK番組表: 番組リスト, 検索

指定地域チャンネルの指定日番組表を検索します。キーワード、番組ジャンル、時刻範囲によるフィルタが可能です。なお、キーワード検索は番組タイトル・サブタイトル・放送内容・出演者の結合文字列に対して適用されます。(NHK番組の情報提供:NHK)

マスターテーブル, 選択肢を削除して更新

マスターテーブル, 選択肢を削除して更新

ワークフロー基盤のマスターテーブル(OptionsXML)を参照し、不要な行を削除したうえで新しいマスターファイルを生成します。削除IDが選択肢に存在しない場合も、エラーになりません。下流工程に[サービスタスク(選択肢マスタ更新)] を配置すれば、選択肢削除の更新業務を自動化できます。

文字列, 全置換

文字列, 全置換

検索文字列を置換文字列に全置換します。大文字と小文字は区別されます。たとえばテンプレート文内の “XXXX-XX-XX” という文字列を “2020-05-11” に全置換することが可能です。

マスターテーブル, 更新

マスターテーブル, 更新

ワークフロー基盤のマスターテーブル(OptionsXML)を参照し、新しいマスターファイルを生成します。新しいID-Labelは先頭行に追加されます。IDが重複する場合、当該行は削除されます。もし指定のマスターファイル名が存在しない場合、新規に生成されます。下流工程に[サービスタスク(選択肢マスタ更新)] を配置すれば、更新業務を自動化できます。

Google スプレッドシート: セル値, 更新

Google スプレッドシート: セル値, 更新

特定セルを上書きします。値は、GoogleスプレッドシートのUIを使用して入力した場合と同じように解析されます。たとえば日付フォーマットが指定されている場合、”12-24″ という値は “12/24/2021” に変換されます。あるいは “’12-31” は “12-31” という文字列として更新されます。