アドオン

Home » アドオン
文字列, 文字数の取得

文字列, 文字数の取得

テキストの文字数を取得します。連続する空白(タブや全角空白も含む)は全体で1文字とカウントされます。改行コードをカウントしない文字数、改行と空白をカウントしない文字数も取得可能です。

文字列, 単語数の取得

文字列, 単語数の取得

テキスト内の単語数を取得します。空白(タブや全角空白や改行も含む)で区切られた単語がカウントされます。カンマやピリオド等を区切り文字に含めてカウントした単語数も取得可能です。

コンバータ: TSV文字列 to テーブル

コンバータ: TSV文字列 to テーブル

TSV文字列をテーブル型データに変換します。TSV文字列内の全てのセルの文字列値がテーブル型データ項目Bに上書きコピーされます。テーブルのカラム設計に不整合がある場合、エラーとなる場合があります。

テーブル, 複製

テーブル, 複製

テーブル型データを複製します。テーブル型データ項目Aに格納されている全てセル値がテーブル型データ項目Bに上書きコピーされます。テーブルのカラム設計に不整合がある場合、エラーとなる場合があります。

ファイル, 複製

ファイル, 複製

ファイル型データを複製します。ファイル型データ項目Aに格納されているファイルデータが全て、ファイル型データ項目Bに上書きコピーされます。

コンバータ: Quser to Email文字列

コンバータ: Quser to Email文字列

ユーザ型データをそのユーザの「メールアドレス情報」(文字列データ)に変換します。ワークフロー基盤に登録されている最新の情報を参照して変換します。Email文字列以外にも「ユーザID」「氏名」「主として属する組織」「主として属する組織のID」「主として属する組織の組織名」を取得することも可能です。

Google スプレッドシート: マスターテーブル, シンプル Xlookup

Google スプレッドシート: マスターテーブル, シンプル Xlookup

Google スプレッドシート内のマスタデータを参照して値を返します。配列Cの中に検索語を検索し、完全一致する要素があれば、それに対応する配列D内の値(同じインデックスの値)を返します。探索配列Cとリターン配列Dは、A1記法で定義します。配列Cと配列Dの長さが同数でない場合はエラーとなります。

2つのTSV文字列, 数値セルの比較

2つのTSV文字列, 数値セルの比較

TSV文字列AとTSV文字列Bの数値セル同士を比較し、AからBへの数値変化量をリストアップします。Aのキー列にマッチする文字列が存在しない場合、リストアップ対象になりません。Aのキー列で複数マッチする場合、より上にあるキー行の数値と比較されます。

2つのTSV文字列, セル不一致行の抽出

2つのTSV文字列, セル不一致行の抽出

TSV文字列Aの特定列とBの特定列を比較し、Aに対してセル合致しないBの行を抽出します。AとBが完全に一致する場合は、空文字列が返されます。全面的に異なる場合は、Bの全行が返されます。

2つのTSV文字列, セル一致行の抽出

2つのTSV文字列, セル一致行の抽出

TSV文字列Aの特定列とBの特定列を比較し、Aに対してセル合致するBの行を抽出します。AとBが完全に一致する場合は、Bの全行が返されます。全面的に異なる場合は、空文字列が返されます。

TSV文字列, 除外テキストフィルタ

TSV文字列, 除外テキストフィルタ

任意の検索テキストでTSV文字列の行除去を行います(除外フィルタ)。すなわち指定カラムに検索テキストが含まれない行のみが出力されます。複数テキストによる OR 検索をしたい場合は “USA,U.S.,United States” のようにカンマ区切りで指定します。