テーブル型データ項目(1列目2列目)に格納されたID(value)-Label(display)を、2つの複数行文字列型に格納します。(選択肢XMLとして基盤登録するには、選択肢型データで2つの文字列型データを参照します。その後、[サービスタスク(選択肢マスタ更新)]から当該選択肢型データを参照します)

入力データ

  • A’: Aで選択したデータ項目に格納されているテーブル情報

サービス出力

  • テーブル情報 A’ の1列目が B で選択した文字型データ項目に格納されます
  • テーブル情報 A’ の2列目が C で選択した文字型データ項目に格納されます

注意事項

  • テーブル情報 A’ は、2列以上である必要があります