指定した二つの日付から経過日数を計算しデータ項目に格納します

入力データ

  • A’: Aで選択したデータ項目に格納されている日付
  • B’: Bで選択したデータ項目に格納されている日付

サービス出力

  • A’からB’までの経過日数(整数値)が、Cで選択したデータ項目に格納されます