ワークフロー アプリ

経費および立替金の報告

経費を申告し、承認・修正後に記録されます。毎月月初に全社員分のプロセスが自動開始されます。社員は〔1.申請〕の工程を締日まで滞留させ、その間に支出した経費や立替金を入力します。〔3.確認/微修正〕の工程では経理担当が「法人カードによる支払い」等の修正を行い、その後 Google スプレッドシートに自動記録されます。

入館申請プロセス, Excel開始

Excel帳票から入館申請が開始されます。申請データは、帳票から自動で送り込まれます。
申請者は、ユーザアカウントが不要です。受付担当は、申請内容を確認して手続きを進めます。
(データ送付のためのVBA設定がExcel帳票に必要です)

受注納品プロセス

Webサービス受注後の納品までの設定作業を管理するプロセスです。
選択されたオプション内容に応じて、必要な担当者に作業が割り振られます。
また作業締切前のアラート通知により、作業の遅延を防ぎます。

社内報メール送信プロセス

特定メールアドレス(全社MLなど)へ “社内報” を送信する業務プロセスです。「社内勉強会のお知らせ」や「健康診断のお知らせ」が想定されます。起案者は、メール本文の原稿や添付ファイルを登録します。上司は、起案内容を承認します。承認された社内報は、配信予定時刻に自動送信されます。

見積承認, Google ドライブ フォルダ作成

見積書が承認されると Google ドライブにフォルダが作成されます。見積書がアップロードされ、フォルダの閲覧 URL が顧客にメールで送信されます。作成されたフォルダは、削除日(営業マンにより入力される)に自動的に削除されます。

記事アイデア受付プロセス

記事のアイデアを社内から収集します。 社員がアイデアを投稿し、編集者に届けられます。メール送信によってアイデアを投稿することも可能です。 編集者は提案に対してコメントしたり他者と相談することができます。編集者によるコメントは、提案者へのEメールで通知されます。

回答作成プロセス

質疑質問を受け付け、指名された担当者が回答文を作成します。Webフォームやメール等で質問を受け付けた後、〔2.回答すべき所轄の決定〕の工程で回答文を作成する担当者が指名されます。人口知能(AI)によって回答が下書きされ、回答担当が回答を完成させます。〔5.用語法令審査〕の工程では、回答内容がチェックされ、承認されると先の工程に進みます。

翻訳プロセス

原稿文の翻訳を依頼します。[1.草稿セット]に入力された文章が翻訳担当者に届けられます。翻訳が完了すると(2.翻訳)、文字数が記録され、依頼者に通知されます。