ワークフロー アプリ

稟議フロー

副部長による「代理決裁」を実現するフローです。すなわち、100万円以下の申請は〔3a. 承認決裁する〕の工程に進められ、副部長でも決裁を引き受けることが可能となります。なお、100~500万円の申請についても、24時間後には引き受けることが可能となります。一方で、500万円を超える申請では、代理決裁は認められておりません。

ファクス受信プロセス

インターネットFAX(クラウド型FAXサービス)は、受信したFAXをPDFに変換してメール通知する仕組みです。このワークフローアプリは、メーリングリストを経由して、そのメール通知を受信します。その後、PDFデータは〔1.受注内容確認〕の工程にてチェックされます。迷惑FAXやマチガイFAXなどのノイズデータは排除されます。さらに、自動処理工程〔G Drive 保存〕にて、ルールに従ってフォルダ保存されます。

宿泊客苦情の共有プロセス

宿泊客からの苦情があれば〔0.宿泊客登録/苦情記録〕の工程で記録されます。フロント担当は朝5時の自動メールで苦情の発生を認識できます。フロント担当から清掃担当に対して共有すべき内容については、〔1.チェックアウト完了〕の工程で入力されます。

請求プロセス

請求データは〔1. データ入力/確認〕の工程で入力されます。請求書PDFが〔PDF 自動生成〕の工程にて自動的に生成されます。経理によって入金が確認されると、全ての処理が完了します。

アイデア管理プロセス

ナイスアイデアに対して、回答メールが送られます。〔1. アイデア投稿〕の工程で投稿されたアイデアに対し、〔2. アイデアに対するコメント〕で回答されます。アイデアはメールで受信することもできます。その場合、プロセスは自動的に開始されます。

デザイン依頼フロー

アイコンやポスターなどが作成されるフロー。基本的には〔3.成果物の制作〕の工程で制作され、〔4.成果物の確認〕の工程でチェックされる。繁忙期などには〔3x.制作の委託〕の工程で Crowd Sourcing などに外注される場合もある。