指定した文字列の組み合わせからパスワードを生成し、データ項目に格納します。情報システムの「利用者アカウントを新規発行」などに利用できます。

入力データ

  • なし

サービス出力

  • Aからa回、Bからb回、Cからc回、Dからd回の文字選択が行われ、それらのシャッフル文字列が、Eで選択したデータ項目に格納されます

注意事項

小文字のエル “l” や数字のイチ “1” などの紛らわしい文字を出現させたくない場合、候補文字から排除します。また、記号を必ず混合させたい場合、記号文字だけのカテゴリを作り、その登場回数を1以上に設定します

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。