Google Calendar にアクセスし、指定された期間に登録されているイベント(予定)の一覧を取得します。ワークフローとの組み合わせで、来週の予定を一括で取得し、メールで通知(告知)するといった使い方が可能です。

  1. 1.秘密Keyを入手する:https://console.developers.google.com/apis/dashboard
  2. 2.設定[OAuth 2.0の設定](有効範囲)https://www.googleapis.com/auth/calendar.readonly

入力データ

  • B’: Bに入力された Google Calendar ID *
  • C’: Cで選択したデータ項目に格納されている開始日
  • D’: Dで選択したデータ項目に格納されている終了日

サービス出力

  • Google Calendar B’ に登録されている C’ から D’ (UTC との時差 E’) の期間の予定が、F で選択したデータ項目に格納されます
  • 通信ログが X で選択したデータ項目に格納されます

注意事項

  • カレンダーIDは次のページを参照します
    • [カレンダー設定](Calendar Settings)>[カレンダーのアドレス](Calendar Address)
  • 事前に Google API Manager にてProject登録をしておく必要があります(Scope: “https://www.googleapis.com/auth/calendar”)
  • 開始日(C’)・終了日(D’)は、Eに入力されたUTCとの時差(タイムゾーン)で指定されます

ワークフローサンプル

-2017-08-14 第548話:月曜朝の Analytics API リクエスト(3)
-2017-08-21 第549話:情報解禁こそ自動的に!