文字列のハッシュ値(MD5方式)を生成し、文字型データ項目に格納します。

入力データ

  • A’: Aで選択したデータ項目に格納されている文字列

サービス出力

  • A’のハッシュ値(MD5方式)が、Bで選択したデータ項目に格納されます

注意事項

ワークフローサンプル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。