文字列型データ項目(複数行テキスト)から、指定した1行を抽出し、別の文字列型データ項目にセットします。 複数行リストを1行ずつループ処理する際などに活用できます。

入力データ

  • A’: Aで選択したデータ項目に格納されているテキスト
  • B’: Bで選択したデータ項目に格納されている数値

サービス出力

  • テキストA’のB’行目の文字列が抽出され、Cで選択した文字列型データ項目に格納されます

注意事項

抽出行番号がテキスト行数よりも大きい場合、データは取得されません(文字列「undefined」がセットされます)

ワークフローサンプル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。