ユーザの指定組織への所属を判定

指定したユーザが指定した組織のリーダであれば”L” を、スタッフであれば”M” を、所属していなければ空を返します。

入力データ

  • I1′: I1で選択したデータ項目に格納されているユーザ
  • I2′: I2で選択したデータ項目に格納されている組織

サービス出力

  • ユーザ I1′ が組織 I2′ のリーダであれば”L” が、スタッフであれば”M”が、所属していなければ空が、O1で選択したデータ項目に格納されます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。