データ項目で指定した範囲の乱数を生成し、データ項目に格納します。生成した数値で処理担当者を決定し「レビュー者の固定化を防ぐ」、抽選での「厳正な当選者番号の決定」などに利用できます。

入力データ

  • A’: Aで選択したデータ項目に格納されている数値(例: “100”)

サービス出力

  • A’を超えない乱数(例: 0~99)が、Bで選択したデータ項目に格納されます

注意事項

  • A’は整数を想定しています。(もし小数であった場合、切り捨て値をA’とします)

ワークフローサンプル