差分確認 (Table and Table)

2つのテーブル型データ項目を行単位で差分確認します

入力データ

  • A’: Aで選択したデータ項目に格納されているテーブル情報
  • B’: Bで選択したデータ項目に格納されているテーブル情報

サービス出力

  • オリジナルテーブルA’と新しいテーブルB’の差分に関する情報が、Cで選択したデータ項目に格納されます

注意事項

  • 10行目に1行追加されている場合の出力例:「+10 questetra クエステトラ」
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。