タブ区切りテキスト(TSV)の各行の末尾に文字列を追加し、新たなTSVとして文字列型データ項目に格納します。

入力データ

  • A’: Aで選択したデータ項目に格納されている TSV テキスト
  • B’: Bで選択したデータ項目に格納されている文字列

サービス出力

  • A’の各行末にB’が追加された TSV テキストが、Cで選択したデータ項目に格納されます

ワークフローサンプル