日付によるTSVフィルタ

文字型データ項目に格納されたタブ区切りテキスト(TSV)の行を、日付の範囲でフィルターして保存します

  • 日付を表す文字列値は Date.parse() メソッドによる認識可能な形式でなければなりません。
  • 日付のみの文字列 (例: “1970-01-01”) は、地方時ではなくUTCとして扱われます。


入力データ

  • A’: Aで選択したデータ項目に格納されているTSVテキスト

サービス出力

  • TSVテキストA’ から 日付列 B が C,D で指定した期間に適合する行を抽出し、Eで選択した文字型データ項目に保存します

注意事項

日付を表す文字列値は Date.parse() メソッドによる認識可能な形式でなければなりません。
日付のみの文字列 (例: “1970-01-01”) は、地方時ではなくUTCとして扱われます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。