basic(id,passwd)

Stripe: 課金オブジェクト, 分配金を指定して生成

Stripe: 課金オブジェクト, 分配金を指定して生成

CONNECT分配金額を指定して “課金オブジェクト” を生成します。Stripe上のCustomerIDに、任意の課金額を任意の課金通貨コードで課金できます。分配金振込先には、任意の子アカウントを指定できます。CONNECT分配金は課金額を超えない範囲で任意に設定できます。課金処理が失敗した場合は、課金オブジェクトは生成されず、expired_card などのエラーログが出力されます。

Stripe: 課金オブジェクト, 生成

Stripe: 課金オブジェクト, 生成

決済プラットフォームStripe上に “課金オブジェクト” を生成します。Stripe上のCustomerID(cus_12345678901234)に対して、任意の課金額を任意の課金通貨コードで課金します。課金処理が失敗した場合は、課金オブジェクトは生成されず、expired_card などのエラーログ出力されます。

Stripe: 顧客オブジェクト, 生成

Stripe: 顧客オブジェクト, 生成

決済プラットフォームStripe上に “顧客オブジェクト” を生成します。オブジェクトの登録により、その後の継続的なカード課金が可能となります。契約の成立を示すトークンID(tok_123456789012345678901234)とメールアドレス等の顧客情報が必要です。通常トークンIDはブラウザ側で生成されるため、センシティブ情報の非保持非通過を実現できます。