bearer(oauth2Token)

Google スプレッドシート: マスターテーブル, シンプル Xlookup

Google スプレッドシート: マスターテーブル, シンプル Xlookup

Google スプレッドシート内のマスタデータを参照して値を返します。配列Cの中に検索語を検索し、完全一致する要素があれば、それに対応する配列D内の値(同じインデックスの値)を返します。探索配列Cとリターン配列Dは、A1記法で定義します。配列Cと配列Dの長さが同数でない場合はエラーとなります。

Google スプレッドシート: 範囲データ, TSVエクスポート

矩形範囲にあるデータをTSVテキストとしてエクスポートします。各行のtab区切りの数は均一となります。データの無いセルは空文字とみなされます。2範囲の同時エクスポートもサポートします。たとえば見出し部と直近データの同時エクスポートが可能です。

Google ドライブ: Gファイル; Microsoft-Office エクスポート

Googleドライブ内のファイルをMicrosoft Officeファイル(docx/xlsx/pptx)としてエクスポートし、ワークフローデータ項目に格納します。Googleファイル(Docs/Sheets/Slidesなど)以外が指定された場合はエラーとなります。なお、File ID は URI 等から取得できます。

Google ドライブ: ファイル; ダウンロード

Googleドライブ内ファイルをワークフローデータ項目にダウンロードします。Googleファイル(Docs/Sheets/Slidesなど)が指定された場合はエラーとなります(エクスポートをご利用ください)。なお、File ID は共有設定画面等から取得できます。