任意データ型: 消去
任意データ型, 消去 (any data-type, Delete)

任意のデータ型のデータを削除します。null 値で上書きされ、データ項目内の全ての入力値が消去されます。

2020-03-03 (C) Questetra, Inc. (MIT License)
https://support.questetra.com/ja/addons/any-data-type-delete/

Configs
  • A: 削除されるべきデータが格納されているデータ項目を選択してください *
Script
// Nashorn Script (engine type: 1)
// 
// Notes:
// Guide-Panel type cannot be selected.
// Data on Discussion type cannot be deleted.
// For Files type data, all files will be deleted.
// Required data items will result in a deletion error.
// If you want to forcibly delete required items, use "Service Task (Data Assignment)"
// - Some data items are not supported
//
// Notes (ja):
// ガイドパネル型(データを格納しない)は選択できません
// ディスカッション型(タイムスタンプ付の追記型)のデータは削除できません
// ファイル型データの場合、全てのファイルが削除されます
// 入力必須となっているデータ項目は削除エラーとなります
// 必須項目を強制的に削除したい場合は『サービスタスク(データ設定)』を利用します
// - 一部のデータ項目には対応していません


//////// START "main()" ////////////////////////////////////////////////////////////////
main();
function main(){

//// == Config Retrieving / 工程コンフィグの参照 ==
const dataIdA  = configs.get( "conf_DataIdA" )  + ""; // required
// 'java.lang.String' to javascript primitive 'string'

strDefNameA     = engine.findDataDefinitionByNumber( dataIdA ).getName();
strDefVarNameA  = engine.findDataDefinitionByNumber( dataIdA ).getVarName();
numDefIdA       = engine.findDataDefinitionByNumber( dataIdA ).getNumber();
// com.questetra.bpms.core.event.scripttask.ProcessDataDefinitionView
engine.log( " AutomatedTask Config:" +
            " Delete Target: " + numDefIdA +
            " : " + strDefNameA + " (" + strDefVarNameA + ")" );


//// == Data Retrieving / ワークフローデータの参照 ==
// nothing


//// == Calculating / 演算 ==
// nothing


//// == Data Updating / ワークフローデータへの代入 ==
engine.setDataByNumber( dataIdA, null );

} //////// END "main()" ////////////////////////////////////////////////////////////////

Download

Capture

任意のデータ型のデータを削除します。null 値で上書きされ、データ項目内の全ての入力値が消去されます。

Notes

  1. ガイドパネル型(データを格納しない)は選択できません
  2. ディスカッション型(タイムスタンプ付の追記型)のデータは削除できません
  3. ファイル型データの場合、全てのファイルが削除されます
  4. 入力必須となっているデータ項目は削除エラーとなります
  5. 必須項目を強制的に削除したい場合は『サービスタスク(データ設定)』を利用します
    1. 一部のデータ項目には対応していません

See also

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。