サービスタスク(データ設定)

サービスタスク(データ設定)

業務データを指定の値、あるいは式の評価結果にて自動的に更新します。ひとつの自動工程で複数のデータ項目を更新することもできます。

Configs:共通設定
  • 名称
  • メモ
Configs
  • 必須データ項目の値をクリアすることを許可する
  • (更新設定を追加)
  • 値もしくは式の評価結果を保存するデータ項目 *
    • 値もしくは式 #{EL}
    • データの参照を挿入…
      • 件名
      • プロセス開始ユーザ
      • プロセス開始組織
      • プロセスID
      • プロセス開始日時
      • プロセス連番
      • アプリID
      • アプリ名
      • (データ項目)
      • システム変数:アプリケーションルートURL

Capture

Notes

Config Examples

  • Automation Name: “j++”
    • Output Type: 数値
    • Expression: “#q_intJ + 1
  • Automation Name: “合計”
    • Output Type: 数値
    • Expression: “#q_numSubtotal1 + #q_numSubtotal2
  • Automation Name: “前月の末日”
    • Output Type: 日付
    • Expression: “#today.addMonths(-1).getLastDateInMonth()
  • Automation Name: “自動タイトル”
    • Output Type: 件名
    • Expression: “HR: #{#q_employeeName}, #{#q_termOfEmployment}
  • Automation Name: “時刻付ファイル名”
    • Output Type: 文字型(単一行)
    • Expression: “invoice-#{processInstanceId}-#{#format(#now, ‘yyyyMMddHHmm’)}.pdf
  • Automation Name: “メール草稿”
    • Output Type: 文字型(複数行)
    • Expression:
      • Dear #{#q_customerName},
        If you need to contact support, please include this reference: #{processInstanceId}
        Best regards,

See also

「サービスタスク(データ設定)」に2件のコメントがあります

  1. ピンバック: サービスタスク(データ設定) – Questetra Support

  2. ピンバック: 「件名」を自動設定しよう – Questetra Support

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。