Deprecated use “Service Task (Data Assignment)” instead.

先頭文字、案件ID、日時、末尾文字、を結合して生成したファイル名をデータ項目に格納します


入力データ

  • なし

サービス出力

  • 「コンフィグA」と「PID-yyyyMMddHHmm(全19文字)」と「コンフィグB」を結合した文字列が、Cで選択したデータ項目に格納されます

注意事項

1分以内に複数回到達するループ構造内に配置した場合、ファイル名がユニークな文字列にならない可能性があります

ワークフローサンプル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。