文字型データ項目に入力されている TSV データの内容を、Google Sheets の Sheet の末尾に追記し、通信ログをデータ項目に格納します。シートが無い場合には自動的にシートが追加されます

入力データ

  • A’: Aで選択したデータ項目に格納されている TSV テキスト
  • D’: Dで選択したデータ項目に格納されている Google Spreadsheet ID **
  • E’: Eで選択したデータ項目に格納されている Sheet Title

サービス出力

  • Spreadsheet D’ の Sheet E’ (存在しない場合はシート追加)の最下行に、テーブルA’が自動追記されます。

注意事項

    • “0,1,5d,3n,6” は、ID:0を文字列として、ID:1を文字列として、ID:5を日時として、ID:3を数字として、ID:6を文字列として追記することを意味します
    • **https://docs.google.com/spreadsheets/d/1exampleEXAMPLEexampleEXAMPLEexampleEXAMPLE0/edit#gid=0
      Spreadsheet ID: 1exampleEXAMPLEexampleEXAMPLEexampleEXAMPLE0

ワークフローサンプル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。