Customer ID、チャージ額、通貨コードなどから、課金記録としての Charge ID、クレジットカードの下4桁、登録処理のステータス、通信ログをそれぞれデータ項目に格納します

入力データ

  • B’: Bで選択したデータ項目に格納されているDescription情報
  • C’: Cで選択したデータ項目に格納されているCustomerID情報
  • D’: Dで選択したデータ項目に格納されているチャージ金額情報
  • E’: Eで選択したデータ項目に格納されている通貨コード情報

サービス出力

  • プロパティ B’C’D’E’ のカードチャージが Stripe に登録されます
  • 課金記録としての Charge ID が F で選択したデータ項目に格納されます
  • 利用されたクレジットカードの下4桁が G で選択したデータ項目に格納されます
  • 登録処理のステータスが W で選択したデータ項目に格納されます (エラー処理のハンドリングに利用します)
  • 通信ログが X で選択したデータ項目に格納されます

注意事項

  • 事前に Stripe Dashboard にて Secret Key を取得しておく必要があります
  • 対応カードや対応通貨は国によって異なります
    Stripe API 課金額(D’)は最小通貨単位(正の整数)にて指定します($1234.56 usd は「123456」、1,000円は「1000」)
  • もし「1,234.56」と入力されている場合、Addon によって「.」が取り除かれ「123456」として Stripe API に送信されます

ワークフローサンプル