カード情報をトークン化した ID を利用して顧客を Stripe に登録します。課金に利用する Customer ID、クレジットカードの下4桁、登録処理のステータス、通信ログがデータ項目に格納されます

入力データ

  • B’: Bで選択したデータ項目に格納されている Token ID
  • C’: Cで選択したデータ項目に格納されているEmail情報
  • D’: Dで選択したデータ項目に格納されている顧客情報

サービス出力

  • トークン化されたカード情報 B’ の顧客として C’ D’ をもつ顧客が Stripe に登録されます
  • 課金に利用される Customer ID が E で選択したデータ項目に格納されます
  • 登録されたクレジットカードの下4桁が F で選択したデータ項目に格納されます
  • 登録処理のステータスが W で選択したデータ項目に格納されます
  • 通信ログが X で選択したデータ項目に格納されます

注意事項

  • 事前に Stripe Dashboard にて Secret Key を取得しておく必要があります
  • 対応カードや対応通貨は国によって異なります

ワークフローサンプル