テキストファイル生成 (Generate Text File)
任意のテキストファイルを生成し、ファイルデータ項目に格納します。ファイルは追加され、既存のファイルには影響を与えません。
Configs:共通設定
  • 工程名
  • メモ
Configs
  • A: テキストファイルを保存するファイル型データ項目 *
  • B: 保存ファイル名 * #{EL}
  • C: テキストファイルの内容 * #{EL}
Script
//////// START "main()" ////////
main();
function main(){

//// == Config Retrieving & Caluculating / 工程コンフィグの参照 & 演算 ==
const textdata = configs.get( "Text_Data" );
const filename = configs.get( "File_Name" );
const filedataId = configs.get( "File_DataId" );


if(filename === "" ||filename === null) {
throw new Error( "File Name is blank" );
}

myFiles = retrieveData( textdata, filename, filedataId );
updateData( filedataId, myFiles );
}


/**
* テキストデータをファイル型データに変換する
* @param {String} textdata テキストファイルの内容
* @param {String} filename 保存ファイル名
* @param {String} filedataId テキストファイルを保存するファイル型データ項目のデータ定義番号
* @return {java.util.ArrayList<QfileView>} myFiles テキストデータをファイル型データとして追加した配列
*/
function retrieveData( textdata, filename, filedataId ) {
// ワークフローデータからファイル型データの配列を取得
let myFiles = engine.findDataByNumber( filedataId );// java.util.ArrayList
if( myFiles === null ){ myFiles = new java.util.ArrayList(); }
if(textdata === null) { textdata = "";}

// テキストデータをファイル型データに変換して追加した配列を返す
myFiles.add(
new com.questetra.bpms.core.event.scripttask.NewQfile(
filename,
"text/plain; charset=UTF-8",
textdata
)
);
return myFiles;
}

//// == Data Updating / ワークフローデータへの代入 ==
function updateData( filedataId, myFiles ){
engine.setDataByNumber( filedataId, myFiles );
}

Notes

  • テキストファイルの文字コードは、UTF-8 になります。

Capture

See also

Appendix

  • generator-textfile.xml (C) Questetra, Inc. (MIT License)
    • Professional をご利用であればファイルの内容を改変することでオリジナルのアドオンとして活用できます
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。