Slack: ファイルアップロード (Bots) (Slack: Upload File (Bots))
この工程は、Bots 機能を使って Slack にファイルをアップロードします。
Configs:共通設定
  • 工程名
  • メモ
Configs
  • C1-deprecated: OAuth2 設定 (スコープ変更のため)
  • C1: OAuth2 設定 *
  • C2: Slack チャンネル名 *
  • C3:アップロードするファイルが保存されているデータ項目 (ファイル) *

Notes

  • 廃止予定(C1-deprecated)が設定されている場合、C1: OAuth2 設定 を設定してください。
  • アップロード先のチャンネルを複数指定する場合、チャンネル名はカンマ区切りで指定します。

Capture

See also

Script (click to open)
  • 下記のスクリプトを記述した XML ファイルをダウンロードできます
    • slack-file-upload-bots.xml (C) Questetra, Inc. (MIT License)
    • Professional をご利用であればファイルの内容を改変することでオリジナルのアドオンとして活用できます

main();
function main() {
  const oauth2 = configs.get("conf_OAuth2");
  const channel = configs.get("ChannelName");
  const filesDef = configs.getObject("File");
//check whether files exist or not


  const files = engine.findData( filesDef );
  if (files === null){
    engine.log ("No File to upload");
    return;
  }
  //check whether number of files is under the limit
  const numOfFiles = files.length;
  if (numOfFiles > httpClient.getRequestingLimit()){
    throw "Number of Files is over the limit.";
  }
  for (let i = 0; i < numOfFiles; i++){
    upload(oauth2,files[i],channel);
  }
}
/**
  * Upload File
  * @param {String} oauth2
  * @param {String} token 
  * @param {QfileView} file
  * @param {String} channel
  */  
function upload (oauth2,file,channel){ 

  const url = 'https://slack.com/api/files.upload';
  const response = httpClient.begin()
    .authSetting(oauth2)
    .multipart('file',file)
    .multipart('channels',channel)
    .post(url);
  const status = response.getStatusCode();
  const responseTxt = response.getResponseAsString();

  let responseJson;
  try {
    responseJson = JSON.parse(responseTxt);
  } catch(e) {
    engine.log("failed to parse as json");
    engine.log(`status: ${status}`);
    engine.log(responseTxt);
    throw `Failed to upload. status: ${status}`;
  }
  if (responseJson.ok !== true) {
    const filename = file.getName();
    const error = `Failed to upload\n filename: ${filename} error: ${responseJson.error}`;
    engine.log(`status: ${status}`);
    engine.log(responseTxt);
    throw error;
  }

}
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。