アドオン

Home » アドオン

複数行文字列; フッタ行の削除

複数行文字列の末尾行を削除します。レガシーな銀行フォーマットやEDIデータのフッター削除などの整形にご利用いただけます。なお、文字列データの末尾や先頭の空白文字や改行文字は予め削除します。また、設定された削除行数が文字列データの行数を超える場合、空文字列を返します。

複数行文字列; ヘッダ行の削除

複数行文字列の先頭行を削除します。CSVテキストやTSVテキストのヘッダー削除などで利用できます。なお、文字列データの末尾や先頭の空白文字や改行文字は予め削除します。また、設定された削除行数が文字列データの行数を超える場合、空文字列を返します。

TSV 文字列; 全行に固定値を追加

全行の末尾にセルを1つ追加します。なお、TSV末尾や先頭の空白文字や改行文字は予め削除されます。また、各行のTabセパレータの数が不一致の場合はセル追加することなくエラー終了します。

Questetra-Addon-XML コンフィグ情報の抽出

自動工程のコンフィグ情報を抽出します。Addon-XML ファイル(Questetra BPMS 自動処理工程用)がパースされ、summary、last-modified、config などの情報が抽出されます(XMLエスケープのデコードはされません)。その後、Wordpress用のシンプルなHTMLコードが生成されます。

コンバータ(全銀フォーマット to みずほCSV)

みずほ銀行の総合振込ファイルを生成します。全国銀行協会が規定する”全銀フォーマット”のファイルから、”みずほビジネスWeb”用の『金額ファイル』を生成します。各行は「”顧客コード1″(10桁数字),”支払金額”(10桁数字),0」で構成されます。「みずほビジネスWEB」はインターネット経由でみずほ銀行に接続し預金口座の取引明細照会や振込振替などを行えるサービス。初期契約料≪無料≫、月間基本料金≪3000円+税≫

国名コード

ISOによって発行されている国名コードです。2文字コードと3文字コードがあり249の国と地域と区域が割当を受けています。(国際標準 ISO 3166-1:2013)。

コンバータ(JapanZipCsv to JapanZipXml)

郵便番号マスターを生成します。日本郵便株式会社の郵便番号データ “KEN_ALL.CSV” (12万行)が、郵便番号マスター “Japan-Zip.xml” に変換されます。具体的には、複数行にまたがる住所表記が「郵便番号(7桁)」によってマージされ、また列挙表記や注釈表記が削除されます。ワークフローアプリに組み込むことで、『選択(検索セレクトボックス)』などの入力フォーム設定において、郵便番号マスター参照が可能となります。

コンバータ(JigyosyoZipCsv to JigyosyoZipXml)

郵便番号マスターを生成します。日本郵便株式会社の事業所個別郵便番号データ “JIGYOSYO.CSV” (2万行)が、事業所郵便番号マスター “Jigyosho-Zip.xml” に変換されます。もし “Japan-Zip.xml” (12万行)が指定されれば、それを取り込んだ “Jigyosho-Zip.xml” (14万行)が作成されます。

郵便番号マスター

約12万件の郵便番号マスターです。ワークフローアプリに組み込むことで、『選択(検索セレクトボックス)』の設定において郵便番号マスターを参照させることが可能となります。データ入力者は「郵便番号コード」や「住所」の一部を入力することで、選択肢(選択候補)を絞り込めます。日本郵便株式会社『住所の郵便番号(CSV形式)』をもとに作成。

Questetra-Model-XML データ定義の抽出

業務プロセスの定義概要を抽出します。QAR アーカイブ内 Model-XML ファイルにある process-data-definition(number, data-type, name)や Node(”number”, “name”, “nodeType”)の一部情報が TSV もしくは WordPress-HTML として抽出されます。