TSV CSV

Google スプレッドシート: 行範囲, 削除

Google スプレッドシート: 行範囲, 削除

指定範囲の行を全て削除します。存続行は全て上方向にシフトされます。開始行と終了行はゼロ始まりのインデックス値で指定します。なお「開始インデックス:0、終了インデックス:1」と指定した場合、先頭の1行だけが削除されます。(終了インデックスは排他的)

Questetra BPMS: 案件, TSV一括抽出

Questetra BPMS: 案件, TSV一括抽出

案件データを複数行のTSV文字列として抽出します。任意のワークフロー基盤(ローカル/リモート)からAPI経由で抽出します。抽出項目は “string:0,date:2,select:3” のようなCSV書式で指定します。抽出範囲は日付で指定します。日付範囲は、プロセス開始日時・プロセス終了日時・任意の日付型データのいずれかを指定します。

文字列, 数値に桁区切り記号を一括付与

テキスト中の4桁以上数値(数字4連続以上)を検出し、各数値に対してケタ区切記号を付与します。桁区切り記号には、カンマ、ドットもしくはスペースが指定可能です。この自動変換は、小数部や郵便番号や年号にも適用されてしまう点に注意が必要です。

TSV 文字列, 数値列合計

TSV 文字列, 数値列合計

数値列の値を単純合計します。数値フィールドにカンマ(桁区切り文字等)が存在する場合、除去したうえで解析されます。キーごとの合算が必要な場合は「サマリ集計」や「クロス集計」を利用します。

TSV 文字列, データ個数のクロス集計表を生成

TSV 文字列, データ個数のクロス集計表を生成

2つの集約キー列でデータの個数をクロス集計します(ピボットテーブル)。「データ個数」と「データ個数が全体に占める割合」、どちらのクロス集計表も出力可能です。たとえば「アンケート結果TSV」から「アンケート集計表TSV」が自動的に出力されます。2D頻度分布。

TSV 文字列, 数値列のクロス集計表を生成

TSV 文字列, 数値列のクロス集計表を生成

数値列の値を2つの集約キー列でクロス集計します(ピボットテーブル)。「合計値」「合計値が全体に占める割合」「データ個数」「データ平均値」、いずれのクロス集計表も出力可能です。たとえば「売上ログTSV」から「取引先別(Y軸)と販売店舗別(X軸)の売上高合計」といった集計値が自動的に出力されます。

TSV 文字列, 数値列のサマリ集計表を生成

TSV 文字列, 数値列のサマリ集計表を生成

数値列の値をキー列で集約します。「合計値」「合計値が全体に占める割合」「データ個数」「データ平均値」をサマリ集計表TSVとして出力します。たとえば「売上ログTSV」から「取引先ごとの売上高」といった集計値が自動的に出力されます。(単純集計/GT集計)

TSV 文字列, 矩形検証

TSV 文字列, 矩形検証

TSVのセルデータがマトリックス形状になっているか検証します。もし各行でセルデータ数が異なる場合、行末タブが追加されます。整形後の行数と列数を取得することも可能です。なお、検証後TSVの末尾に改行コードは付与されません。

2つのTSV文字列, 共通列で結合

2つのTSV文字列, 共通列で結合

共通のキーFieldに基づいて2つのTSVをマージします。TsvA(左テーブル)の全行を保持し、TsvB(右テーブル)から一致する行を取り込みます〔左外部結合〕。どちらのTSVも事前ソートは不要ですが、TsvBのより上位にある行がマッチング判定されます。

複数行文字列, 範囲行の取得

複数行文字列, 範囲行の取得

指定範囲の行を抽出します。抽出範囲は開始インデックスと終了インデックスで指定されます。インデックスはゼロ始まりで、先頭行のインデックスはゼロとなります。終了インデックスで指定された行は抽出範囲に含まれない点に注意が必要です。

コンバータ, CSV文字列 to TSV文字列

コンバータ, CSV文字列 to TSV文字列

CSV文字列をTSV文字列に変換します。出力TSVは「もっともシンプルなタブ区切り文字列」として出力されます。ダブルクオートで囲まれたフィールド内に改行コードやTABコードが含まれていた場合、スペースに置き換えられます。なお、入力CSV内のダブルクオート文字がエスケープされていない場合、意図しない処理結果となります。

TSV 文字列, 変換

TSV 文字列, 変換

TSVテキストの列を並べ替えます。新しい並び順は、オリジナルTSVの列IDを列挙して指定します(例 “0,1,3,0”)。新しいTSVテキストは、TSVファイル形式やCSVファイル形式等のフォーマットで格納することも可能です。