リリース概要

リリース日

注意すべき変更点

  • [予告] 2019年以降、その時点で3年程度以上前に作成されたアプリアーカイブをインポートできなくなります
  • ページ末尾【仕様などの変更予定】にて、将来バージョンでの変更予定を記載しておりますので、ご確認下さい。

Version 11.7 の詳細

◆ 一般従業員向け機能の変更

ワークフロー

  • ファイル型データ項目にて、添付解除されたファイルが実際に削除されるタイミングを、プロセス終了時からデータ更新時([タスク処理完了]時、[保存して中断]時)に変更
  • プロセス詳細画面にて、ヒューマンタスクの候補者やチームタスクの処理担当者の表記を「など○名」に変更
    • これまでダイアログで全対象者を表示していたが、数名は元の画面で表示するように対応
    • 印刷用画面ではこれまで通り非表示のまま変更なし
  • [ヒートマップ]の凡例にて、「イベント」の表記を「イベント/受信タスク」に変更
  • プロセス/タスク検索にて、パフォーマンス向上に向けた改良
  •  次の不具合を修正
    • [みんなの成果]にて、「月の絞り込み」「工程の絞り込み解除」操作の際、API へのアクセスで通信エラーが発生する

オープンチャット/ダッシュボード/アカウント設定

  • なし

◆ 管理職 (ワークフロー管理者)向け機能の変更

  • なし

◆ ワークフロー設計者向け機能の変更

  • マニュアルへのリンクの表記を「ヘルプ」に統一
  • 一時停止中のアプリがバリデーションエラーとなった場合、最初にエラー検知されたときのみ通知されるように対応
  • ワークフロー基盤(Questetra BPM Suite)起動時に、全アプリのバリデーションチェックを行うように対応
  • [予告] 3年程度以上前に作成されたアプリアーカイブをサポート対象外とする
    • 2019年から実施予定
    • 2019年時点では2016年以降が、2020年時点では2017以降がサポート対象となる(常に過去3年がサポート対象)
    • サポート対象外のアプリアーカイブはインポートできない
  • 次の不具合を修正

メッセージ開始イベント / 受信タスク (Webhook)

  • HTTP レスポンス内容を設定できるように対応
    • 「サービスタスク(データ設定)」と同じ形式(EL式も利用可)で、レスポンスを定義
    • 親子関係の2つのプロセス(サブプロセス)にて、子->親へのデータ送信だけでなく、親->子へのデータ取得が実現できるようになる
  • 受信する HTTP リクエストのメソッドにて「GET / PATCH / DELETE」に対応
  • 「受信タスク (Webhook)」を強制終了できるように対応
  • 処理失敗の際、「プロセスログ」に記録するように対応
    • 「メッセージ開始イベント (Webhook)」についてはノードが特定できた場合
    • 「受信タスク (Webhook)」についてはトークンが特定できた場合
  • 次の箇所から「メッセージ開始イベント/受信タスク (Webhook)」のプロセスログを参照できるように対応
    • アプリ詳細画面のリリース済みバージョンのワークフロー図にて、「メッセージ開始イベント/受信タスク (Webhook)」のプロパティから詳細画面を開く
      • 指定のノードについて、プロセス横断でログを参照できる
      • 「アプリ管理権限」および「コントロール権限」が必要
    • プロセス詳細画面の「管理者モード」にて、[プロセスログ]を開く、または「受信タスク (Webhook)」の処理記録から「自動処理ログ」を開く

メッセージ開始イベント (メール)

  • 「メッセージ開始イベント (メール)」が有効になっていないワークフロー基盤では、「メッセージ開始イベント (メール)」を利用しているワークフローアプリがエラーとなるように対応
    • [システム設定]>[アプリ外部連携]>[メッセージ開始イベント (メール)]にて、有効/無効を切り替えると、ワークフローアプリのエラーの有無も変わる

受信タスク (フォーム)

  • 新しい BPMN 工程アイコン、「受信タスク(フォーム)」を追加
    • 「メッセージ開始イベント(フォーム)」の受信タスク版
    • ワークフロー基盤にユーザアカウントを持たない利用者が、ワークフロー途中でデータ入力できるフォームを公開できるようになる
    • URL の仕様は、「受信タスク (Webhook)」と同じ

タイマー中間イベント

  • タイマー日時を EL 式を利用して指定できるように対応

サービスタスク(Google Drive)

  • 「エラー境界イベント」に対応
    • エラー終了時に、エラー境界イベントからの接続先に遷移できるようになる
  • Google チームドライブのフォルダにファイルをアップロードできるように対応
    • アップロード先フォルダを、「フォルダ ID」で指定する場合、チームドライブも指定できるように対応
    • 「パス」で指定する場合は、これまで通り、マイドライブのみに対応

スクリプトタスク / サービスタスク(Add-on)

  • 「エラー境界イベント」に対応
    • エラー終了時に、エラー境界イベントからの接続先に遷移できるようになる
  • 「自動処理ログ」を「プロセスログ」に出力するように対応
    • プロセス詳細画面での表示に加え、[プロセスログ]でもログを確認できるようになる
  • スクリプト実行エンジンとして「Nashorn」を使用できるように対応
    • デフォルトの実行エンジンを「Rhino」から「Nashorn」に変更
    • Nashorn では、E4X / data / retVal は利用できない
    • Nashorn では、let / const を利用できる
  • 「サービスタスク(Add-on)」の定義ファイルにて、<engine-type> 要素にて実行エンジンを指定できるように対応
    • 0:Rhino(デフォルト値)、1:Nashorn

プロセスログ

  • CSVダウンロードしたファイルにて、「タスクID」「イベントID」をひとつにまとめ、名称を「ノードインスタンスID」に変更
  • プロセス開始時に、開始したノードをログに記録するように対応
  • プロセスログ一覧にて、詳細内容は [+] クリックで表示するように対応
  • 「異常終了」を中心に、メッセージ(表記)を改良
  • 「コントロール権限」「データ閲覧権限」をもったユーザは、該当アプリのプロセスログを閲覧できるように対応
    • 「システム管理者」以外でも、閲覧できるように方針を変更
  • プロセス詳細画面から、該当プロセスのプロセスログを確認できるように対応
    • 管理者モードにて、[プロセスログ]ボタンが表示される
  • プロセスログにて、トークンに関するログ/タスク生成のログを削除

◆ システム管理者向け機能の変更

  • 次の不具合を修正
    • [システム設定]>[Google 連携]にて、英語での説明文章にスペルミス

◆ システムエンジニア向け機能の変更

  • [API マニュアル(Swagger Spec)]にて、「メッセージ開始/受信中間イベント(HTTP)」の定義を削除
    • 「メッセージ開始イベント/受信タスク(Webhook)」と同じ対応に変更

◆ 外部ツール等の機能および非機能面での変更

  • 長時間の未完了処理がシステムパフォーマンスに影響を与えないよう、データベースへの接続時間に上限を設定
  • jQuery を 2.2 から 3.3 にバージョンアップ

 


仕様などの変更予定

将来バージョンにて、次の仕様変更、システム基盤の変更を予定しております。

2018年対応予定

  • Questetra へのアクセスの際、正規化されていない URL(スラッシュが連続している等)でのアクセスを禁止します(2018年春〜夏)
  • 「メッセージ開始イベント(HTTP/フォーム)」「メッセージ受信中間イベント(HTTP)」にて、processModelInfoId / nodeNumber、および key(「フォーム」のみ)をリクエストパラメータに含む形式の URL を廃止します(2018年秋)
    • 廃止される形式
      • /System/Event/MessageStart/start?processModelInfoId=123&nodeNumber=0
      • /System/Event/IntermediateMessage/receive?processModelInfoId=123&nodeNumber=4
      • /System/Event/MessageStartForm/view?processModelInfoId=123&nodeNumber=1&key=XXXYYYZZZ
    • 新しい形式(Ver. 11.4 以降)
      • /System/Event/MessageStart/123/0/start
      • /System/Event/IntermediateMessage/123/4/receive
      • /System/Event/MessageStartForm/123/1/XXXYYYZZZ/view
  • 「メッセージ送信中間イベント(HTTP)」にて、変数「${var[key]}」を廃止します(2018年秋)
    • 呼び出し先の[メッセージ開始/受信中間イベント(HTTP)]にて key を自由に設定できるようになりました。セキュリティ等を考慮の上、適切な key を設定してください。
    • key パラメータを送信の際は、${var[key]} を使用せず、イベントごとに設定した固定値を指定するようにしてください
    • 「${var[key]}」を利用しているアプリは警告表示されるようになっております。廃止されるまでは現在の設定でも動作しますが、アプリをバージョンアップする際は、「${var[key]}」を利用しないように変更いただく必要がございます。
  • 「スクリプトタスク」「サービスタスク(Add-on)」にて、次の形式のデータ参照/更新方法を廃止します(2018年秋以降)
    • 参照:data.get(“1”)、更新:retVal.put(“1”, “hogehoge”)
    • engine.findDataByNumber(1)、engine.setDataByNumber(1, “hogehoge”) など、新しい形式(Ver. 11.4 以降)への変更をお願いします(M230

2019年対応予定

  • 「全てのプロセス履歴を検索する」「タスク処理履歴を検索する」API にて、プロセスデータ項目を検索結果に含めるには、表示項目として明示的に指定するように変更します(2019年)
    • 現在は、検索条件として指定されたプロセスデータ項目は自動的に検索結果にも含まれています
    • 仕様変更後は、<view /> 要素が指定されているプロセスデータ項目のみが検索結果に含まれるようになります
  • 3年程度以上前に作成されたアプリアーカイブをサポート対象外とします(2019年)
    • 2019年時点では2016年以降が、2020年時点では2017以降がサポート対象となります(常に過去3年がサポート対象)
    • サポート対象外のアプリアーカイブはインポートできません

 


お知らせ