テーブル型データ項目の値を Excel CSV ファイル(TSV)に変換、添付してメールを送信します。

入力データ

  • A’: Aで選択したデータ項目に格納されているテーブル
  • C’: Cで選択したデータ項目に格納されているToアドレス
  • D’: Dで選択したデータ項目に格納されているToアドレス表示名
  • E’: Eで選択したデータ項目に格納されているメールサブジェクト
  • J’: Jで選択したデータ項目に格納されているメール本文
  • K’: Kで選択したデータ項目に格納されている添付ファイル名

サービス出力

  • テーブルA’が Excel CSV ファイル(実体は tab-separated-values)としてメール添付されます。ファイル拡張子は “.csv” が推奨されます

注意事項

  • “0,1,5,3,6” は、ID:0、ID:1、ID:5、ID:3、ID:6のカラム順に変更して CSV を生成させることを意味します
  • SJIS版は comma-separated-values です。スマートフォン表示やデータインポートの可用性が高まりますが、Comma情報が欠落します