メッセージ送信中間イベント(メール)

宛先/Cc/Bcc で指定したメールアドレスに、メールを送信します。業務データを挿入したり、ファイルを添付したりすることもできます。

Configs: 共通設定
  • 工程名
  • メモ
Configs: メッセージ送信中間イベント(メール)
  • 発信元
    • 参照を挿入する…
      • 件名
      • プロセス開始ユーザ
      • プロセス開始組織
      • (データ項目)
  • 宛先
    • 参照を挿入する…
      • 件名
      • プロセス開始ユーザ
      • プロセス開始組織
      • (データ項目)
  • Cc
    • 参照を挿入する…
      • 件名
      • プロセス開始ユーザ
      • プロセス開始組織
      • (データ項目)
  • Bcc
    • 参照を挿入する…
      • 件名
      • プロセス開始ユーザ
      • プロセス開始組織
      • (データ項目)
  • メールの件名
    • 参照を挿入する…
      • 件名
      • プロセス開始ユーザ
      • プロセス開始組織
      • プロセスID
      • プロセス開始日時
      • プロセス連番
      • アプリID
      • アプリ名
      • (データ項目)
      • システム変数:Application Root
  • 本文
    • 参照を挿入する…
      • 件名
      • プロセス開始ユーザ
      • プロセス開始組織
      • プロセスID
      • プロセス開始日時
      • プロセス連番
      • アプリID
      • アプリ名
      • (データ項目)
      • システム変数:Application Root

Capture

Notes

  • 各設定項目には、プロセスの情報や業務データを埋め込むことができます
    • 「参照を挿入する…」のリストから埋め込みたい項目を選択してください
  • 宛先に指定できるメールアドレスの上限は 100 個です(To / Cc / Bcc の合計)
  • 送信できるメールサイズの上限は 10MB(MIMEエンコード後のサイズ)です
  • 設定時に、 宛先や標題、本文すべてを含んだ文字数に10000 文字の制限があります
    • 挿入されたデータ項目が保持するる文字数は含まれません

See also

「メッセージ送信中間イベント(メール)」に2件のコメントがあります

  1. ピンバック: メッセージ送信中間イベント(メール) – Questetra Support

  2. ピンバック: ワークフローの途中でメールを自動送信しよう(基本編) – Questetra Support

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。