Box: ファイルダウンロード (Box: Download File)
Box 内の指定ファイルをダウンロードします。ファイル名を指定しない場合、Boxでのファイル名で保存されます。
Configs:共通設定
  • 工程名
  • メモ
Configs
  • C1: OAuth2 設定 *
  • C2: ダウンロードするファイルの ID *
  • C3: ファイル名 (空白の場合、Boxでのファイル名で保存されます。)#{EL}
  • C4: ダウンロードファイルを追加保存するファイル型データ項目 *

Notes

  • ファイル ID は、URL に含まれています。https://app.box.com/file/(ファイル ID)
  • Box のリフレッシュトークンには、期限があります。期限を超えないよう、定期的に利用する必要があります。(Box: トークンおよびURLの有効期限)

Capture

See also

Script (click to open)
  • 下記のスクリプトを記述した XML ファイルをダウンロードできます
    • box-file-download.xml (C) Questetra, Inc. (MIT License)
    • Professional をご利用であればファイルの内容を改変することでオリジナルのアドオンとして活用できます

main();
function main(){

  const oauth2 = configs.get("conf_OAuth2");

  const fileIdDef = configs.getObject("conf_FileId");
  let fileId = decideFileId(fileIdDef);

  let fileName = configs.get( "conf_FileName" );
   if(fileName === "" || fileName === null){
   // Boxでのファイル名を取得する
     fileName = getBoxFileName(oauth2, fileId);
  }

  const {contentType, content} = downloadBoxFile(oauth2, fileId);

  const filesDef = configs.getObject("conf_Files");  
  saveFile(filesDef, fileName, contentType, content);

}

/**
  * ダウンロードするファイルのIDをconfigから読み出して出力する
  * @param {String} fileIdDef
  * @return {String}  fileId ファイルの ID
  */
function decideFileId(fileIdDef){
  let fileId = "";
  if(fileIdDef === null){
    fileId = configs.get( "conf_FileId");
  }else{
    fileId = engine.findData(fileIdDef);
  }
  if(fileId === "" ||fileId === null) {
    throw "fileId is blank";
  }
  return fileId;
}

/**
  * Boxのファイル名を取得する
  * @param {String} oauth2 認証設定
  * @param {String} fileId  ダウンロードするファイルのID
  * @return {String} jsonRes.name  Boxでのファイル名 
  */
function getBoxFileName(oauth2, fileId){
const url = `https://api.box.com/2.0/files/${fileId}/`;
  const response = httpClient.begin()
    .authSetting(oauth2)
    .get(url);
  const status = response.getStatusCode();
  const responseTxt = response.getResponseAsString();
  if (status !== 200) {
    engine.log(`${responseTxt}`);
    throw `Failed to download file. status: ${status}`;
  }
  let jsonRes;
   try {
     jsonRes = JSON.parse(responseTxt);
   } catch(e) {
     engine.log("failed to parse as json");
     throw `Failed to download file. status: ${status}`;
   }
return jsonRes.name;
}

/**
  * box API にファイルダウンロードの GET リクエストを送信し、レスポンスを返す
  * @param {String} oauth2 認証設定
  * @param {String} folderId  ダウンロードするファイルのID
  * @return {HttpResponseWrapper} contentType
  * @return {HttpResponseWrapper} content
  */
function downloadBoxFile(oauth2, fileId){
  
  const url = `https://api.box.com/2.0/files/${fileId}/content/`;
  const response = httpClient.begin()
    .authSetting(oauth2)
    .get(url);
  const status = response.getStatusCode();
  const responseTxt = response.getResponseAsString();

  if (status !== 200) {
  engine.log(`${responseTxt}`);
  throw `Failed to download file. status: ${status}`;
  }
  return {
    contentType: response.getContentType(),
    content: response.getResponse()
  };
}

/**
  * ダウンロードしたファイルを保存する
  * @param {String} fileName  保存する際のファイル名
  * @param {Qfile} file  ファイル
  * @param {HttpResponseWrapper} contentType
  * @param {HttpResponseWrapper} content
  */
function saveFile(filesDef, fileName, contentType, content){

  let files = engine.findData( filesDef );
  if (files === null) {
    files = new java.util.ArrayList();
  }

  const qfile = new com.questetra.bpms.core.event.scripttask.NewQfile(
    fileName, contentType, content
  );

  files.add( qfile );

  // == ワークフローデータへ代入する
  engine.setData( filesDef, files );

}
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。