サービスタスク(Google ドライブ: ファイルアップロード)

ファイル型データ項目で指定されたファイルを Google ドライブの指定フォルダにアップロードします。レスポンスとして、ファイル ID、表示用 URL、ダウンロード用 URL を取得し、文字型データ項目に格納することができます。

Configs:共通設定
  • 工程名
  • メモ
Configs
  • 処理失敗時に、トークンをエラー境界イベントに移動
  • Google ドライブ に接続するユーザ *
  • ファイルをアップロードするフォルダ
    • 参照を挿入する…
      • 件名
      • プロセスID
      • プロセス開始ユーザ
      • プロセス開始組織
      • プロセス開始日時
      • プロセス連番
      • アプリID
      • アプリ名
      • (データ項目)
  • アップロードするファイルが保存されているデータ項目(ファイル) *
  • ファイル ID を保存する文字型データ項目(文字)
    • データ項目
  • 表示用 URL を保存する文字型データ項目(文字)
    • データ項目
  • ダウンロード用 URL を保存する文字型データ項目(文字)
    • データ項目
  • エラー発生時にエラー内容を保存する文字型データ項目(文字)
    • データ項目

Capture

Notes

  • 「Google ドライブに接続するユーザ」は、[アカウント設定]>[Google 連携]から、Google ドライブとの連携設定を行っておいてください
  • フォルダIDは、次の {id} の部分の文字列です
  • フォルダ ID が未指定の場合、「マイドライブ」直下に保存されます
  • 「ファイルIDを保存する文字型データ項目」のデータタイプ(フォームタイプ)が “単一行” になっていると業務データとして複数ファイルが添付されている際にエラーになります

See also

「サービスタスク(Google ドライブ: ファイルアップロード)」に1件のコメントがあります

  1. ピンバック: サービスタスク(Google ドライブ: ファイルアップロード) – Questetra Support

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。