メッセージ送信中間イベント(HTTP)

メッセージ送信中間イベント(HTTP)

アクセスURLで指定した先に HTTP リクエストを送信します。受信したレスポンスをデータ項目に保存することもできます。

Configs: 通信設定
  • アクセスURL * #{EL}
  • HTTP Method
    • GET
    • POST (application/x-www-form-urlencoded)
    • POST (multipart/form-data)
    • POST (リクエストボディを指定)
    • PUT (リクエストボディを指定)
    • PATCH (リクエストボディを指定)
    • DELETE
  • エラー内容を保存するデータ項目
    • 文字型(複数行)のデータ項目から選択します
Configs: セキュリティ / カスタムヘッダ
  • セキュリテイ
    • 使用しない
    • Basic 認証で接続する
      • ユーザ名
      • パスワード
    • OAuth2 で接続する
      • 設定名
  • カスタムヘッダ
    • ヘッダ名 *
Configs: 送信パラメータ
  • 送信パラメータ
    • パラメータ名
      • 固定値や変数を入力する、またはデータ項目等から選択します
Configs: リクエストボディ
  • リクエストボディとして送信するデータ項目 *
    • 「HTTP Method」にて「リクエストボディ」を送信する形式の場合に設定します
    • 文字型(複数行) / ファイル型のデータ項目から選択します
  • リスエストボディの Content-Type * (文字型(複数行)を選択した場合)
    • text/plain
    • application/json
    • text/xml
Configs: レスポンス
  • レスポンスを保存する (「チェック」で有効)
    • レスポンスを保存するデータ項目
      • 文字型(複数行) / ファイル型のデータ項目から選択します
    • 保存する際のファイル名 * #{EL} (ファイル型を選択した場合)

Capture

Notes

  • 「アクセス URL」内に業務データを埋め込むことも可能です
  • 「アクセス URL」や「送信パラメータ」の値に『変数』を指定することも可能です
  • 「エラー内容を保存するデータ項目」は、正常に処理完了した際は、空となります

See also

「メッセージ送信中間イベント(HTTP)」に2件のコメントがあります

  1. ピンバック: メッセージ送信中間イベント(HTTP) – Questetra Support

  2. ピンバック: 画像からの自動文字起こしを業務フローに組み込む(Google Cloud Vision API 連携) – Questetra Support

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。