サービスタスク(開始イベントに HTTP リクエスト)

同一ワークフロー基盤上の「メッセージ開始イベント(HTTP)」に HTTP リクエストを送信する自動処理工程です。送信データを設定するだけで、簡単にアプリ間接続を実現できます。「メッセージ開始イベント(HTTP)」を含むワークフローアプリがリリースされると、対応する「サービスタスク」が自動生成されます。

Configs: Common
  • 工程名
  • メモ
Configs
  • 処理失敗時に、トークンをエラー境界イベントに移動
  • 受信側イベントに設定された項目に送信するデータを指定
    • 件名/文字型データ項目は、文字入力やEL式を利用して指定
    • 文字型以外のデータ項目は、受信側と同じ型のデータ項目を選択指定
  • P: 開始したプロセスの ID を保存するデータ項目
    • (文字型単一行のデータ項目)

Capture

Notes

  • 「メッセージ開始イベント(HTTP)」が配置されたワークフローアプリがリリースされると、その開始イベントを呼び出す「サービスタスク」が自動的に生成され、利用できるようになります
  • 受信側のメッセージ開始イベント(HTTP)が削除されると、対応する送信側のサービスタスクも自動的に削除されます
  • 送信側となるサービスタスクの名称は、受信側イベントの「アプリID アプリ名 ノード番号: 工程名」となります
  • アプリ設計者は、送信されるデータ項目や値を送信側のサービスタスクの設定で指定します
  • 受信側のメッセージ開始イベント(HTTP)で編集可に設定されているデータ項目のみが、送信側での設定の対象となります
  • 送信側の設定で、件名および文字型のデータ項目では文字入力やEL式も使用できます
  • 受信側データ項目の必須設定や入力チェック内容を満たさないデータが送信された場合、プロセス起動に失敗します
    • 送信するデータ項目も受信側データ項目と同じ設定にしておくと無用なエラーを回避できます

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。