Overview

ワークフロー基盤を管理するための特権を設定します。特権にはシステム管理権限、アプリ作成権限、ユーザ管理権限の3種類があります。ユーザ個々に付与するほかに、組織やロールを利用して付与することができます。

システム権限
システム管理権限
  • 権限追加
    • 削除 / 権限を付与している対象
  • 権限を与えられているユーザ 一覧
アプリ作成権限
  • 権限追加
    • 削除/権限を付与している対象
  • 権限を与えられているユーザ 一覧
ユーザ管理権限
  • 権限追加
    • 削除/権限を付与している対象
  • 権限を与えられているユーザ 一覧
Configs: 権限追加
  • 特定のユーザに付与
    • ユーザ*
  • 特定の組織の所属ユーザに付与
    • 組織*
    • 対象*
      • リーダまたはスタッフ
      • リーダのみ
      • の下位組織のリーダまたはスタッフ
      • 下位組織のリーダのみ
  • 特定のロールの所属ユーザに付与
    • ロール*

Capture

Notes

  • システム特権には、次の3つがあります
    • システム管理権限
      • システムログへのアクセス、特権の付与、外部アプリケーションとの接続の構成、およびシステムの他のさまざまな設定の変更が可能になります
    • アプリ作成権限
      • アプリの新規作成が可能になります
    • ユーザ管理権限
      • ユーザ、組織、およびロール情報の管理が可能になります
  • ユーザに個別に特権を付与するよりも、組織とロールに特権を設定し、適切なグループにユーザを追加する方が効率的です
  • 付与されている特権によって表示されるメニューが異なります
  • 個々のワークフローアプリでは、アプリごとの権限を設定できます(アプリ権限
  • Web フォーム やビデオチャット でサポートを受けるユーザはシステム管理権限が必要です

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。