Overview

ワークフローアプリを管理したり、プロセスをコントロールするための特権を設定します。特権には、アプリ管理権限、コントロール権限、データ閲覧権限などがあります。ユーザ個々に付与するほかに、組織やロールを利用して付与することができます。

アプリ権限 アプリ一覧
(フィルタ/カラム)
  • (フィルタ)
    • 全カテゴリ
    • アプリ名
  • (表示カラム)
    • アプリ名(デフォルト)
    • 作成ユーザ(デフォルト)
    • 稼働バージョン(デフォルト)
    • 追加
      • アプリID
      • カテゴリ
      • 表示優先度
      • メモ
(アプリ一覧)
    • アプリ名 / 作成ユーザ / 稼働バージョン (クリックで詳細へ
(表示コントロール)
  • (ページサイズ)
    • 10, 20, 50, 100, 200, 500, 1000
  • ページ
アプリ権限
アプリ管理権限
  • 権限追加
    • 削除 / 権限を付与している対象
  • 権限を与えられているユーザ 一覧
コントロール権限
  • 権限追加
    • 削除 / 権限を付与している対象
  • 権限を与えられているユーザ 一覧
データ閲覧権限
  • 権限追加
    • 削除 / 権限を付与している対象
  • 権限を与えられているユーザ 一覧
データ閲覧権限(進捗情報限定)
  • 権限追加
    • 削除 / 権限を付与している対象
  • 権限を与えられているユーザ 一覧
Configs: 権限追加
  • 特定のユーザに付与
    • ユーザ*
  • 特定の組織の所属ユーザに付与
    • 組織*
    • 対象*
      • リーダまたはスタッフ
      • リーダのみ
      • 下位組織のリーダまたはスタッフ
      • 下位組織のリーダのみ
  • 特定のロールの所属ユーザに付与
    • ロール*

Capture

Notes

  • アプリ権限には、次の4つがあります
    • アプリ管理権限
      • アプリ詳細ペ-ジを開いて編集、リリース、および一時停止などの操作ができます
      • 特権ユーザは他のユーザに当該アプリのアプリ権限を付与または削除することもできます
    • コントロール権限
      • アプリによって運用されているすべてのプロセスに対して終了または削除したり、特定のユーザにタスクを強制的に割り当てることができます
    • データ閲覧権限
      • データ項目に保持されているプロセスについての情報を閲覧したり検索したりできます
    • データ閲覧権限(進捗情報限定)
      • プロセスの進行状況、つまりワークフロー図上のトークンのパスのみを表示できます
  • 進行中のプロセスのデータを編集するには、「コントロール権限」と「データ閲覧権限」の両方が必要です
  • アプリ権限はアプリごとに設定されます
  • ワークフローアプリを新規作成したユーザには、そのアプリのアプリ管理権限、コントロール権限、データ閲覧権限が自動的に付与されます。
  • ユーザに個別にアプリの権限を付与するよりも、組織とロールに権限を設定し、適切なグループにユーザを追加する方が効率的です
  • アプリ一覧で、いくつかのカラムがデフォルトでは非表示になっています
    • [表示カラム]メニューで表示するカラムを選択したり並び順を変更できます
    • 表示カラムの設定は保存されません

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。