ヒューマンタスク

ヒューマンタスク

人が担当する作業工程です。データ項目の編集許可設定に応じて、入力フォームが自動的に生成されます。担当者がフォーム入力し、処理を完了すると、トークンは先に進みます。分岐を設定し、処理完了時に担当者が選択できるように設定したり、締め切りを設定したりすることができます。

Configs:共通設定
  • 工程名
  • メモ
Configs: 編集の可否
  • データ項目
    • 編集の可否
      • (編集可)
      • (表示のみ)
      • (表示なし)
Configs: 締め切り
  • 締め切り
    • 設定しない
    • この工程が始まってから
      • (数字を選択 0~)分
    • このプロセスが開始してから
      • (数字を選択 0~)分
    • データで指定(日時/日付 Y/M/)
      • (データ項目)
  • 締め切り時の処理
    • 何もしない
    • タスクを異常終了させる(トークンはタイマー境界イベントに移動)
Configs: 分岐
  • 分岐タイプ *
    • ユーザが選択した遷移先に流す(遷移先の数だけタスク処理完了ボタン表示)
      • 遷移先
        • (遷移先ノード名)
          • ボタンラベル
    • 最初に合致した条件の遷移先に流す(タスク処理完了ボタンは1つ)
      • (設定条件)
        • (移動)
        • (条件式設定)
          • 条件名
          • 遷移先
          • (遷移条件)
            • 無条件に遷移
            • 条件に合致すれば遷移
              • (データ項目)
              • (条件文)
                • 値が入力されている
                • 値が入力されていない
                • (その他/データ型による)
              • (選択したデータ項目による)
                • 固定値
                • (データ項目/選択肢ID)
              • (条件を追加)
        • (削除)
        • (指定された条件名)
        • (指定された遷移先)
        • (指定された遷移条件)
Configs: 自動処理/エラー処理
  • 処理完了時に、タスクの各情報がコピーされるデータ項目
    • 処理担当者
      • 保存しない
      • (ユーザ型データ項目)
    • 処理担当組織
      • 保存しない
      • (組織型データ項目)
    • 終了日時
      • 保存しない
      • (日時型データ項目)
  • 処理担当者設定に該当するユーザがいない場合 *
    • タスクをコントロール権限ユーザのエラー一覧に入れる
    • タスクを異常終了させる(トークンはタイマー境界イベントに移動)
Configs: メール通知/アイコン
  • メール通知
    • オファーされた時
    • 割り当てられた時
    • 締め切り1日前
    • 締め切り1時間前
    • 締め切り後
      • (数字を選択)時間おき
  • アイコン(6種類から選択)

Capture

Notes

  • 締め切りを設定することができます
  • 締め切り到達時にトークンを先に進めることもできます
  • 処理担当者(候補者)にはメールで案件到着などを通知することができます
  • 処理担当者やタスク終了日時などをデータ項目に自動記録することが可能です
  • 処理担当者を設定するルールに該当するユーザが存在しない場合、タスクはエラーになります
  • エラーになったタスクを異常終了させ、トークンを先に進めることもできます

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。