Google Sheets API v4

Google スプレッドシート: 2つの範囲データ, Xlookup参照

Google スプレッドシート: 2つの範囲データ, Xlookup参照

2つのスプレッドシート領域を参照して、文字列bを文字列cに変換します。すなわち、スプレッドシートの範囲Bに文字列bを探索し、完全一致する要素があれば、範囲C内の文字列c(同じインデックスの値)を返します。完全一致する要素が無ければ、空文字を返します。検索文字列の探索は、上から順番に実行されます。

Google スプレッドシート: セル値, 更新

Google スプレッドシート: セル値, 更新

特定セルを上書きします。値は、GoogleスプレッドシートのUIを使用して入力した場合と同じように解析されます。たとえば日付フォーマットが指定されている場合、”12-24″ という値は “12/24/2021” に変換されます。あるいは “’12-31” は “12-31” という文字列として更新されます。

Google スプレッドシート: 範囲データ, TSVエクスポート

矩形範囲にあるデータをTSVテキストとしてエクスポートします。各行のtab区切りの数は均一となります。データの無いセルは空文字とみなされます。2範囲の同時エクスポートもサポートします。たとえば見出し部と直近データの同時エクスポートが可能です。

Google スプレッドシート: マスターテーブル, シンプル Xlookup

Google スプレッドシート: マスターテーブル, シンプル Xlookup

Google スプレッドシート内のマスタデータを参照して値を返します。配列Cの中に検索語を検索し、完全一致する要素があれば、それに対応する配列D内の値(同じインデックスの値)を返します。探索配列Cとリターン配列Dは、A1記法で定義します。配列Cと配列Dの長さが同数でない場合はエラーとなります。