Google Sheets API v4

稟議プロセス,月次自動集計

決裁データがGoogleシートに自動保管される稟議ワークフローです。決裁完了時、起案部署や金額等のデータが自動追記されます。部署、予算科目毎の決裁件数や金額が月次で自動集計されます。本アプリでは、稟議申請も開始することができます。申請部分は稟議フロー https://support.questetra.com/ja/templates/approval-flow-budget-control-20160920/ を改良しています。

納品管理プロセス

顧客依頼作業の納品報告を行うワークフローです。
契約窓口が受け付け、納品報告を行います。窓口は、作業を複数の担当者に割り振り、納品物を受け取ります。
納期前日に未完了作業の自動通知を受け、納期調整を行います。

選択肢マスター管理プロセス,ウェブコンテンツ

コンテンツ情報が選択肢マスターに追加・変更・削除されるワークフローです。
情報の構成は、URL/作成者/公開日時等です。入力された情報を元にマスターが自動更新されます。
マスターは、ページ更新/アクセス集計業務等で業務データとして利用されます。

提案書提出管理, 宛先自動記載

顧客向提案書の提出が自動記録されるワークフローです。営業担当者は、リード管理プロセスや提案書作成プロセスから本ワークフローを開始します。提出提案書・顧客情報の指定だけで宛先付提案書がメールで自動送付されます。提案書ファイルは、サムネイル画像ファイル及びPDFが自動で作成され、メールに添付されます。送付先顧客情報に加え、雛形の流用・スクラッチ作成情報が自動記録されます。提案書種類等の提出傾向を把握することができます。

Webページ効果測定プロセス

Webページ公開1ヶ月後の効果判定がメールで自動通知されるワークフローです。Webページ制作者は、公開日・PagePathを登録します。公開日の1ヶ月後、実績(PV/セッション数/総合評価)が、GoogleアナリティクスAPIで自動取得され、5段階で自動評価されます。制作者は、客観的な評価を確認し、改善機会を得られます。

問い合わせ対応フロー, 対応者自動調整

顧客からの問い合わせを受け付け、回答します。割振リスト(Google シート)を用い、回答担当者が自動で割り振られます。割振リストは、割振順序・担当者メールアドレスが記載されています。特定の担当者へ割振を多くしたい等の調整をつけることができます。

貸し出し管理プロセス, 対応者ランダム決定

会社所有物品の貸出申請を受け付けるワークフローです。全従業員が、公開フォームで申請可能です。総務部の物品管理担当者が物品の貸出を行います。担当者は、スタッフリスト(Google シート)からランダムに自動決定されます。貸し出し希望者が物品を登録すると担当者が承認/記録し、物品の貸し出しが申請者にメール通知されます。返却予定は年月で管理され、返却予定月にはメールで貸し出し終了が自動的に通知されます。担当者は、「3.返却確認」工程で返却済であることを記録します。

住所変更届受付管理

住所変更届をメールで受け付けるワークフローです。届出メールのFromアドレスが顧客台帳(Google シート)に存在するか自動確認されます。確認後、本人確認フォームへの誘導メールが届出者へ自動通知されます。届出者は、本人確認フォームで新住所を確認します。本人確認後、営業担当者が顧客台帳を更新します

Google スプレッドシート: 2つの範囲データ, Xlookup参照

Google スプレッドシート: 2つの範囲データ, Xlookup参照

2つのスプレッドシート領域を参照して、文字列bを文字列cに変換します。すなわち、スプレッドシートの範囲Bに文字列bを探索し、完全一致する要素があれば、範囲C内の文字列c(同じインデックスの値)を返します。完全一致する要素が無ければ、空文字を返します。検索文字列の探索は、上から順番に実行されます。