顧客マスタデータ管理, ExcelOnline 連携 20220624
顧客マスタの追加・更新を行うワークフローです。 ExcelOnline 上で保持するマスタデータが自動更新され、マスタ追加・更新の履歴が残されます。 依頼者が ExcelOnline 編集権限を持っていなくても依頼できます。
作業担当者 (スイムレーンの数:1)
  • 担当者
    • 顧客マスタ追加・更新をする担当者。
仕事の流れ (ワークフロー図の複雑度:30)
  • 1 1-1.追加
    • 担当者は、追加したい顧客データの詳細を入力します。
  • 24 件名設定
  • 19 行特定
    • ワークフロー基盤は、指定された顧客IDのデータが既に存在しているか検索します。
  • 23 行追加
    • ワークフロー基盤は、指定された顧客データを末尾行に追加します。
  • 3 2-1.更新
    • 担当者は、更新したい顧客データの詳細を入力します。
  • 25 件名設定
  • 8 行特定
    • ワークフロー基盤は、指定された顧客IDのデータ行を特定します。
  • 9 行取得
    • ワークフロー基盤は、特定した行から現時点の顧客データを取得します。
  • 4 2-2.更新確認
    • 担当者は、更新したい顧客データについてマスタ反映前の確認を行います。
  • 10 行更新
    • ワークフロー基盤は、指定された顧客データを更新します。
受け渡しされるビジネスプロセス変数 (データ項目の数:20)
  • 担当者 q_user 0 *
    • 顧客マスタ追加・更新の担当者が格納されます。
    • ${processInstance.initQuserId}
  • 処理日 q_date 1 *
    • 顧客マスタ追加・更新の処理日が格納されます。
    • processInstanceStartDatetime
  • 追加・更新の理由 q_reason 8 *
    • 顧客マスタ追加・更新の理由が格納されます。
  • ▼顧客データ(追加・更新) 16
  • 顧客ID q_customerId 2 *
    • 追加・更新するデータの顧客IDが格納されます。
  • 顧客名 q_customerName 3 *
    • 追加・更新するデータの顧客名が格納されます。
  • 顧客側の担当者部署 q_customerAdminDepartment 4 *
    • 追加・更新するデータの顧客側の担当者部署が格納されます。
  • 顧客側の担当者名 q_customerAdminName 5 *
    • 追加・更新するデータの顧客側の担当者名が格納されます。
  • 顧客側の担当者メールアドレス q_customerAdminEmail 6 *
    • 追加・更新するデータの顧客側の担当者メールアドレスが格納されます。
  • 顧客側の担当者電話番号 q_customerAdminTel 7
    • 追加・更新するデータの顧客側の担当者電話番号が格納されます。
  • ▼顧客データ(更新前) 17
  • 特定した行 q_rowNumber 10
    • 顧客IDから特定した顧客マスタ内の行番号が格納されます。
  • 顧客名(更新前) q_customerNameBefore 11
    • 更新前データの顧客名が格納されます。
  • 顧客側の担当者部署(更新前) q_customerAdminDepartmentBefore 12
    • 更新前データの顧客側の担当者部署が格納されます。
  • 顧客側の担当者名(更新前) q_customerAdminNameBefore 13
    • 更新前データの顧客側の担当者名が格納されます。
  • 顧客側の担当者メールアドレス(更新前) q_customerAdminEmailBefore 14
    • 更新前データの顧客側の担当者メールアドレスが格納されます。
  • 顧客側の担当者電話番号(更新前) q_customerAdminTelBefore 15
    • 更新前データの顧客側の担当者電話番号が格納されます。
  • メモ q_memo 9
  • 対象マスタファイルのURL q_URL 18
  • 対象マスタファイルのシート名 q_sheetName 19
    • 顧客マスタファイルのシート名が格納されます。
    • Sheet1

フィールド名, Num, 初期値

Download

This archive contains the BPMN icons that are not available in the Basic edition.

Notes

  • プロセスデータ項目「対象マスタファイルのURL」・「対象マスタファイルのシート名」の初期値に、対象となる Excel Online ファイルの URL とシート名を設定します。
  • Excel Online ファイルにアクセスするための「HTTP認証設定」が必要です。詳しくはこちらのページの Notes を参照。

Capture

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。