JSON.parse()

Google スプレッドシート: マスターテーブル, シンプル Xlookup

Google スプレッドシート: マスターテーブル, シンプル Xlookup

Google スプレッドシート内のマスタデータを参照して値を返します。配列Cの中に検索語を検索し、完全一致する要素があれば、それに対応する配列D内の値(同じインデックスの値)を返します。探索配列Cとリターン配列Dは、A1記法で定義します。配列Cと配列Dの長さが同数でない場合はエラーとなります。