authSetting()

Stripe: 顧客, 分配金を指定して課金

Stripe: 顧客, 分配金を指定して課金

CONNECT分配金額を指定して “課金オブジェクト” を生成します。分配金振込先には、任意の子アカウントを指定できます。CONNECT分配金は課金額を超えない範囲で任意に設定できます。メインの支払方法(一行目の顧客オブジェクト)への課金が失敗した場合には、予備の支払方法(二行目以降の顧客オブジェクト)に対して課金します。すべての課金に失敗した場合、”課金オブジェクト” は生成されず、異常終了エラーログが出力されます。

Stripe: 顧客, 課金

Stripe: 顧客, 課金

決済プラットフォームStripe上に “課金オブジェクト” を生成します。メインの支払方法(一行目の顧客オブジェクト)への課金が失敗した場合には、予備の支払方法(二行目以降の顧客オブジェクト)に対して課金します。すべての課金に失敗した場合、”課金オブジェクト” は生成されず、異常終了エラーログが出力されます。

Wordpress.com: 統計, 表示件数の取得

WordPress.com: 統計, 表示件数の取得

特定の記事が表示された回数(表示数)を取得します。Jetpack統計値から指定期間における「合計回数」および全期間通じての「総計回数」を取得します。指定期間における「日別表示数」をTSVフォーマットで取得することも可能です。

Stripe: 顧客, 分配金を指定して課金

Stripe: 顧客, 分配金を指定して課金

CONNECT分配金額を指定して “課金オブジェクト” を生成します。Stripe上のCustomerIDに、任意の課金額を任意の課金通貨コードで課金できます。分配金振込先には、任意の子アカウントを指定できます。CONNECT分配金は課金額を超えない範囲で任意に設定できます。課金処理が失敗した場合は、課金オブジェクトは生成されず、expired_card などのエラーログが出力されます。

Stripe: 顧客, 課金

Stripe: 顧客, 課金

決済プラットフォームStripe上に “課金オブジェクト” を生成します。Stripe上のCustomerID(cus_12345678901234)に対して、任意の課金額を任意の課金通貨コードで課金します。課金処理が失敗した場合は、課金オブジェクトは生成されず、expired_card などのエラーログ出力されます。

Stripe: 顧客, 生成

Stripe: 顧客, 生成

決済プラットフォームStripe上に “顧客オブジェクト” を追加します。オブジェクトの登録により、継続的なカード課金が可能となります。契約の成立を示すトークンIDとメールアドレス等の顧客情報が必要です。なお、トークン化の仕組み(顧客ブラウザとStripe間で直接通信)を別途実装しておく必要があります。

Slack: チャット, ブロック投稿

Slack: チャット, ブロック投稿

任意のメッセージをブロック書式で投稿します。必要に応じて表データを添付することも可能です。また、特定のユーザだけに表示される揮発メッセージ(エフェメラルメッセージ)に変更することも可能です。

Google スライド: ページ, PNGエクスポート

Google スライド: ページ, PNGエクスポート

指定スライドをPNG画像に変換し、ファイル型データ項目に格納します。ダウンロード用URL(無認証・30分有効)を取得することも可能です。たとえば、PNG画像化された「売上レポートPage」がメール添付されるようなワークフロー(売上自動集計プロセス)等で利用します。

Google スライド: ページ, グラフ全更新

Google スライド: ページ, グラフ全更新

指定スライド内の全ての埋込グラフ(Googleスプレッドシートチャート)を、それぞれの最新バージョンに更新します。たとえば、Googleスプレッドシートで集計されている「売上集計グラフ」が最新状態に自動更新されるといったワークフローを構築できます。

Google スプレッドシート: 2つの範囲データ, Xlookup参照

Google スプレッドシート: 2つの範囲データ, Xlookup参照

2つのスプレッドシート領域を参照して、文字列bを文字列cに変換します。すなわち、スプレッドシートの範囲Bに文字列bを探索し、完全一致する要素があれば、範囲C内の文字列c(同じインデックスの値)を返します。完全一致する要素が無ければ、空文字を返します。検索文字列の探索は、上から順番に実行されます。

Google ドキュメント: 文書, 全置換

Google ドキュメント: 文書, 全置換

探索文字列に一致するテキストを全て置換文字列に置き換えます。大文字と小文字は区別されます。複数の置換パターンを一括して置換することも可能です。雛形ファイルを活用する場合は多くの場合、上流工程にてファイル複製した上で置換します。