Date()

日付, 営業日の判定

日付, 営業日の判定

任意の日付値が営業日であるかどうかを判別します。その日付けが祝祭日の場合、祝祭日の名前を返します。土曜や日曜の場合、曜日の名前を返します。それ以外の場合は、空の文字列を返します。会社オリジナルの休日を設定することも可能です。

日付, 週末日曜日の取得

日付, 週末日曜日の取得

任意日付の週末日曜日を取得します。日曜日が指定された場合、当日を返します。なお「翌週の月曜日」「当週の火曜日」を取得したい場合は、更に #q_date.addDays(1) や #q_date.addDays(-5) といった変換が必要です。

マネーフォワード仕訳伝票, 生成

マネーフォワード仕訳伝票, 生成

MoneyForward クラウド会計用の仕訳伝票(TSV or Excel)を生成します。一括して売上計上される請求書だけでなく各月に按分計上される請求書にも対応しています。なお、売上計上日が「予定入金日」より未来になる売上伝票の勘定科目は “売掛金売上” ではなく “前受金売上” と判断されます。また、請求金額を按分した際の剰余(端数)は初月売上レコードに加算されます。

2つの日時, 経過時間の計算

2つの日時, 経過時間の計算

日時Aから日時Bまでの経過時間を算出します。数値(days)・数値(hours)・数値(minutes)・文字列(h:mm)のいずれかもしくは複数を出力することが可能です。Bが過去時刻であった場合はマイナス符号が付与されます。ABには日付型データを指定することも可能です。

コンバータ: 異なるタイムゾーン日時

コンバータ: 異なるタイムゾーン日時

タイムゾーンAの日時をタイムゾーンBの日時に変換します。いずれの日時にも、任意のタイムゾーンを設定できます。未設定の場合、ワークフロー基盤のタイムゾーンが適用されます。

コンバータ: ワークフロー日時 to ISO日時文字列

コンバータ: ワークフロー日時 to ISO日時文字列

日時型データ(”2021-12-31 20:34″ JST)をISO 8601 日時文字列データ(”2021-12-31T20:34:00+09:00″ or “2021-12-31T11:34:00Z”)に変換します。日時型データは原則としてワークフロー基盤のタイムゾーンに基づいて評価表示されます。

コンバータ: タイムスタンプ to 日時

コンバータ: タイムスタンプ to 日時

タイムスタンプ値(UNIXタイム)を日時型データに変換します。すなわち、協定世界時 1970-01-01 00:00:00 からの経過秒数(2002年以降は10桁整数)から、時刻型データを算出します。ワークフロー基盤のタイムゾーンに従います。

2つの日時, 経過時間の計算

2つの日時, 経過時間の計算

日時Aから日時Bまでの経過時間を算出します。数値(days)・数値(hours)・数値(minutes)・文字列(h:mm)のいずれかもしくは複数を出力することが可能です。Bが過去時刻であった場合はマイナス符号が付与されます。ABには日付型データを指定することも可能です。

マネーフォワード仕訳伝票, 生成

マネーフォワード仕訳伝票, 生成

MoneyForwardクラウド会計用の仕訳伝票(TSV or Excel)を生成します。一括して売上計上される請求書だけでなく各月に按分計上される請求書にも対応しています。なお、売上計上日が「予定入金日」より未来になる売上伝票の勘定科目は “売掛金売上” ではなく “前受金売上” と判断されます。また、請求金額を按分した際の剰余(端数)は初月売上レコードに加算されます。

仕訳伝票TSV 生成

仕訳伝票TSVを生成します。請求データ(売上金額・売上日・決済予定日)を元に、売上金の振替伝票TSV(text/tab-separated-values)が生成されます。一括して売上計上するケース、数か月に分けて売上分割するケース、それらが複合するケースに対応します(分割剰余は初月に加算)。 会計システムにインポート可能なファイルを生成させるは、下流工程に「TSV to Excel-CSV FILE」などのコンバータを配置します。

請求データから仕訳伝票TSVの生成

売上金額・売上日・決済予定日から、売上金の振替伝票TSV(text/tab-separated-values)を生成します。一括して売上計上するケース、数か月に分けて売上分割するケース、それらが複合するケースに対応します(分割剰余は初月に加算されます)。 会計システムにインポート可能なファイルを生成させるは、下流工程に「TSV to Excel-CSV FILE」などのコンバータを配置して下さい。