見積自動集計 20211022
見積プロセスのデータを取得し、先週発行された見積書の件数・金額合計と一覧をメールで送付します。 毎週月曜朝に自動開始されます。 予め保存しておいた見積プロセスの検索条件を利用します。
作業担当者 (スイムレーンの数:1)
  • 集計担当
    • 見積の集計を行う担当者。
仕事の流れ (ワークフロー図の複雑度:11)
  • 2 実行指示
    • 担当者は、任意のタイミングで処理を行いたい場合、実行を指示します。
  • 11 HTMLメール作成
    • ワークフロー基盤は、HTML メールで送付できるようにデータを加工します。
  • 12 TSVの不要列削除
    • ワークフロー基盤は、メールで送付する際に不要なデータ列を削除します。並び順は、あらかじめ準備した検索条件リストに合わせます。
  • 10 TSV集計
    • ワークフロー基盤は、取得したデータ(見積金額)を集計します。フィールドの列IDは、あらかじめ準備した検索条件リストに合わせます。
  • 4 件名設定
    • ワークフロー基盤は、件名に実行日付をセットします。
  • 8 見積データ取得
    • ワークフロー基盤は、API 経由で見積プロセスのデータを取得します。フィルタのIDは、あらかじめ準備した検索条件リストに合わせます。
受け渡しされるビジネスプロセス変数 (データ項目の数:6)
  • 取得したTSV q_tsv 0
    • 取得した見積データ TSV が格納されます。
  • 見積の件数 q_count 1
    • 取得した見積データの件数が格納されます。
  • サマリTSV q_summaryTsv 2
    • 見積データ TSV を集計した結果が格納されます。
  • 見積の合計 q_total 3
    • 取得した見積データの金額集計値が格納されます。
  • メール向け変換(不要列削除)後TSV q_convertedTsv 5
    • メール向けに不要な列を削除した見積データ TSV が格納されます。
  • メール向けHTML q_html 4
    • 通知メール向けの HTML が格納されます。

フィールド名, Num, 初期値

Download

This archive contains the BPMN icon, which is only available in the Professional edition.

Notes

  • 予め、対象となる見積プロセスの検索条件リスト(検索条件を保存したもの)の作成が必要です。検索条件の保存については、こちらのページをご覧ください。

Capture

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。