業務報告

週報提出管理, 未提出督促

毎週金曜日 13:00 従業員全員に週報作業が割り当てられるワークフローです。従業員は月曜 9:00 までに週報を記入・提出します。月曜 9:00 管理者は、提出された週報を確認します。未提出がある場合、管理者に「未提出者確認」工程が割り当てられます。管理者は、締切日時を指定し、未提出者へ督促することができます。

週次報告

毎週金曜日の16時に、対象者の “マイタスク” に『1.作成』が追加されます。翌週月曜日の12時までに作成完了していない場合には督促メールが送付されます。もし火曜日の12時時点で “マイタスク” に残っていた場合、強制的に終了します。もし報告を忘れた場合には他メンバからもわかるようになっており、忘れないよう注意を促す形となります。

日付, 営業日の判定

日付, 営業日の判定

任意の日付値が営業日であるかどうかを判別します。その日付けが祝祭日の場合、祝祭日の名前を返します。土曜や日曜の場合、曜日の名前を返します。それ以外の場合は、空の文字列を返します。会社オリジナルの休日を設定することも可能です。

週次報告プロセス, 強制提出

週次報告プロセス, 強制提出

毎週月曜日の朝7時、従業員全員の “マイタスク” に『Write Report』が追加されます。従業員は、金曜日の17時までにレポート(週報)を記入します。もし金曜日の17時時点で “マイタスク” に残っていた場合、書きかけ状態であれ、未記入状態であれ、強制的に次工程(チェック工程)に進められます。

TSV 文字列, データ個数のクロス集計表を生成

TSV 文字列, データ個数のクロス集計表を生成

2つの集約キー列でデータの個数をクロス集計します(ピボットテーブル)。「データ個数」と「データ個数が全体に占める割合」、どちらのクロス集計表も出力可能です。たとえば「アンケート結果TSV」から「アンケート集計表TSV」が自動的に出力されます。2D頻度分布。

TSV 文字列, 数値列のクロス集計表を生成

TSV 文字列, 数値列のクロス集計表を生成

数値列の値を2つの集約キー列でクロス集計します(ピボットテーブル)。「合計値」「合計値が全体に占める割合」「データ個数」「データ平均値」、いずれのクロス集計表も出力可能です。たとえば「売上ログTSV」から「取引先別(Y軸)と販売店舗別(X軸)の売上高合計」といった集計値が自動的に出力されます。

TSV 文字列, 数値列のサマリ集計表を生成

TSV 文字列, 数値列のサマリ集計表を生成

数値列の値をキー列で集約します。「合計値」「合計値が全体に占める割合」「データ個数」「データ平均値」をサマリ集計表TSVとして出力します。たとえば「売上ログTSV」から「取引先ごとの売上高」といった集計値が自動的に出力されます。(単純集計/GT集計)

2つのTSV文字列, 共通列で結合

2つのTSV文字列, 共通列で結合

共通のキーFieldに基づいて2つのTSVをマージします。TsvA(左テーブル)の全行を保持し、TsvB(右テーブル)から一致する行を取り込みます〔左外部結合〕。どちらのTSVも事前ソートは不要ですが、TsvBのより上位にある行がマッチング判定されます。

BPO受託プロセス

商品の納品情報を受け取り、梱包・発送を行います。委託元から、HTTP 通信で納品情報を受信すると自動開始されます。納品書を自動生成し、〔1.梱包完了〕の工程が完了すると、委託元の業務プロセスに「梱包完了」を報告します。オプションで「検査」が指示された場合、検査を実施して、完了報告を行います。

翻訳プロセス

原稿文の翻訳を依頼します。[1.草稿セット]に入力された文章が翻訳担当者に届けられます。翻訳が完了すると(2.翻訳)、文字数が記録され、依頼者に通知されます。

人事異動情報の公表

人事異動情報を社内にメールで通達します。毎週金曜日早朝に自動起動し、翌週日付で予定されている人事イベントをGoogle カレンダーから自動取得します。人事イベントがある場合、社内メーリングリストに送信されます。

ファクス受信プロセス

インターネットFAX(クラウド型FAXサービス)は、受信したFAXをPDFに変換してメール通知する仕組みです。このワークフローアプリは、メーリングリストを経由して、そのメール通知を受信します。その後、PDFデータは〔1.受注内容確認〕の工程にてチェックされます。迷惑FAXやマチガイFAXなどのノイズデータは排除されます。さらに、自動処理工程〔G Drive 保存〕にて、ルールに従ってフォルダ保存されます。